新型コロナワクチンの臨床試験が成功 抗体を確認(中国)

Credit:depositphotos

point

  • 人への新型コロナウイルスワクチン試験が実施され、抗体を確認した
  • Ad5-nCoVワクチンは、接種後14日以内にある程度の効果を発揮し、28日以内でほとんどの人から免疫応答が確認された
  • 今回の試験はサンプルサイズが少なく効果と安全性が確立されたとは言えないため、さらなる長期的な試験が必要

現在、世界中で100種類以上もの開発が進んでいる新型コロナウイルスワクチン。先日も米国のワクチン臨床試験で抗体が確認されたことが報告されました。

その中の1つである「アデノウイルス5型ベクターCOVID-19 (Ad5-nCoV)」は人間に対する初めての臨床試験を行っており、今回、中国・北京生物工学研究所のウェイ・チェン教授らによって成功を収めたと報告されました。

試験では、Ad5-nCoVワクチンによって新型コロナウイルスの免疫応答が確認されましたが、感染からの保護効果を実証するにはさらなる試験が必要でしょう。

Ad5-nCoVワクチンとは

Ad5-nCoVワクチンは、弱体化させた一般的な風邪ウイルス(アデノウイルス)を用いています。

新型コロナウイルスのスパイクタンパク質をつくる遺伝子を細胞に導入することで、細胞はスパイクへの免疫を作りだし、スパイク有りのウイルス本体を弾くことができるのです。

さて、体の免疫反応には、体液中の抗体が働く「液性免疫」と、細胞が直接働く「細胞性免疫」があり、この2つが協力して働くことにより効率よく抗原を排除できます

Credit:菊正宗

液性免疫では「抗体」が中心になって作用しますが、細胞性免疫は「T細胞」が中心となって作用します。

そのため、新ワクチンが抗体とT細胞の両方の反応を引き出せるなら、非常に理想的だと言えるでしょう。

次ページ試験内容

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG