まさかの番狂わせ!カエルvsヒョウのタイマン動画が話題に

animals_plants 2020/05/26
Credit: jp.depositphotos

弱肉強食の自然界で、まさかの番狂わせが起きました。

その一部始終がカエルvsヒョウのタイマン動画として、インド森林サービス(Indian Forest Service)のスサンタ・ナンダ氏により投稿されています。

下馬評ではもちろん、力もサイズも圧倒的に上回るヒョウが優勢でしょう。

ところが今回の勝負では、カエルが激しい猛攻でヒョウを追い払い、大金星をあげたのです。

映像は投稿されるや、ツイッター上で拡散され、話題を呼んでいます。

タイマンで勝利!

こちらがその映像です。

カエルは最初こそヒョウの接近を許したものの…

ヒョウのパンチが決まる

ひとたび手を出してくると噛み付かんばかりに抵抗を開始。

くわっ

しまいには、得意のジャンプを使ってヒョウに飛びかかります。

ぴょんっ

そしてヒョウは諦めて退散。カエルの大勝利です。

ヒョウも退散

ツイッター上では、「カエルが毒を持っており、それに気づいたヒョウが襲うのをやめただけでは」という指摘がありますが、このカエルは、毒を飛ばす種として知られるヤドクガエルではありません。

その見た目から、アフリカ・ウシガエルと考えられています。

アフリカ・ウシガエル/Credit: ja.wikipedia

動画内のヒョウはまだ子供で、狩に慣れていなかったか、怯えやすかったと考えられます。

あるいは、カエルがお好みでなかったか、そもそも争う気はなかったのかもしれません。動画を見ると、ヒョウにはあまり敵意が感じられず、エキサイトしているのはカエルだけのように見えます。

この映像に対し、ツイッターユーザーからは「サイズは関係ないことが証明された」や「かわいいカエルと遊びたかっただけでは?」といったコメントが寄せられています。

ヒョウの本心は分からずとも、カエルが思わぬ大勝利に満足して家路に着いたことは確かでしょう。今ごろ、家族に武勇伝として語り聞かせているかもしれませんね。

ピカチュウそっくりな謎の動物がゲットされる! 黄色く輝く「ネズミ」の正体は?

reference: iflscience, ndtv / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG