history archeology

ドイツ駐車場の地下から「中世の大虐殺」の証拠が見つかる!犯人はあの権力者? (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.05.28 Thursday

「中世の大虐殺」を証明か

貧困や病気以外に、撲殺された遺骨が数多く出土しました。

中でも特に、裕福な位にあったと思われる3人の男性の遺骨が注目されています。年代測定では、3人ともに1168〜1208年の間に殺されており、刃物や鈍器による致命傷を受けていました

その内のひとりは、ノコギリ状の刃物で頭蓋骨に傷を受けており、前腕骨にも細かい傷が無数に見られます。おそらく、身を守ろうとして腕で刃物を受けたのでしょう。

2つ目の遺骨は、鈍器でアゴを打ち砕かれており、歯の多くが抜け落ちていました。3つ目の遺骨は、頭蓋骨に陥没した穴が見られました。傷は脳まで達したことが確実で、即死だったと思われます。

1枚目の画像
発掘された斧頭 / Credit: Antiquity Publications Ltd 

3人ともそれ以前の傷がないことから、兵士や軍人ではないでしょう。遺骨の側に銀のブローチやバックル、銀貨などが見られたことから、この町の富裕層か権力者だった可能性があります。

こうした証拠から、中世ドイツの「アルブレヒト熊公(Albert the Bear)」による大量虐殺が浮かび上がります。

アルブレヒト熊公は、1100年頃〜1170年に生きた権力者で、1157年にドイツ東方への侵略を開始しました。「その東方侵略の中で、同地の権力者や住民たちが虐殺されたのではないか」と研究チームは指摘しています。

「死人に口なし」とは言いますが、残された遺骨が何よりも雄弁に虐殺の事実を語っているようです。

reference: trendswide / written by くらのすけ

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!