前と後ろが同時に見れるサングラスが登場!サイクリングの車線変更もラクラク

product 2020/05/27

credit: kickstarter

自転車で車道の左側を走っていると、後ろから接近してきたクルマに轢かれそうになることがあると思います。

だからといって、頻繁に後方を確認しようとするとバランスを崩したり、逆に前方の不注意になりかねません。

そんな中、前方も後方も同時に確認できる便利なサングラスが登場しました。

イギリス物理学者Alexander Macdonald氏は、レンズの縁を鏡にして、最小の動きで後方確認ができるサングラス「HINDSIGHT」を開発。現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資を受け付けています。

試作には2016年リオ五輪「チームスプリント」で金メダルを獲得したCallum Skinner氏が協力しており、今回のサングラスを掛けるだけでより安全に運転できることを実証しています。

これを掛ければ自転車に乗っていて怖い思いをする機会が減りそうですね。

ただ掛けるだけでOK! 視界の端がバックミラーになる

credit: kickstarter

公道を走るクルマやバイクには、後方確認のためにバックミラーの取り付けが義務化されていますが、同じ公道を走る自転車にはバックミラーがありません。

そのため、多くの人が後方確認のために後ろを振り返ることになります。

通常の後方確認の様子(赤色が死角) / credit: kickstarter

これでは上図のように、後方確認中に前方が死角になって危険です。スピードに乗った自転車は1秒間で10m以上進むので、少し目を逸らすだけで大事故になるかもしれません。

しかし、HINDSIGHTを掛ければ前方と後方を同時に確認可能です。

後ろを振り返る必要が無くなります / credit: kickstarter

次に、kickstarter上で公開されている実際のデモ映像も見てみましょう。

credit: kickstarter

映像では、交差点で後ろから抜き去ってくる女性の存在をHINDSIGHTで認識しています。

これなら交差点の状況も見つつ、安全に後ろの女性も視認でき、接触事故が起きる可能性を低くできそうですね。

HINDSIGHT装着者を後ろから見た写真。鏡の部分に目が映っています。 / credit: kickstarter

現在200万円以上の出資を集めている

credit: kickstarter

kickstarterでの出資額は約1,400円から。約18,000円以上の出資でHINDSIGHTを一つ貰えます。

執筆時(5月26日 火曜日)では締切まであと22日を残し、103人から約200万円の出資金が集まっています。

交通事故に遭わないためにも、HINDSIGHTで後方確認をしつつサイクリングを楽しんでみてはいかかでしょうか?

下はHINDSIGHTの公式紹介動画です。

フィルムカメラをデジカメに変えられる魔法のキットが発売される

reference: kickstarter / written by shuni

あわせて読みたい

SHARE

TAG