history archeology

1900年前の古代ローマ「ボードゲーム」が墓地で発掘される(ノルウェー)

2020.05.31 Sunday
1枚目の画像
Credit: University Museum of Bergen発見されたゲームは、同じく古代ローマにあった戦略ゲームに基づいているかもしれない

2020年4月、ベルゲン大学博物館の考古学者モーテン・ラムスタッド博士らによって、ローマ鉄器時代(西暦100年~400年)の古代ゲームが発掘されました。

これらはノルウェー西部のイトレフォッセ村近くの墓地遺跡に遺品として埋葬されていたものであり、当時の状況や他のゲームとの関連性を明らかにしています。

ノルウェーで古代ローマのボードゲームが発掘される

2枚目の画像
Credit: University Museum of Bergen

発掘されたのは、古代ローマのボードゲームの一部である18個の駒と4個のダイスです。

駒のうち全体が残っているものは13個で、残りの5個は破損していました。

また、これらと一緒に発掘されたダイスは立方体ではなく縦長のものでした。このダイスにはいくつかの円記号が付けられており、0、3、4、5の値が記されています。

現代とは異なり、古代のボードゲームはエリートや貴族などの上流階級だけが楽しむものでした。

なぜなら、エリートたちだけが、戦略的思考のための「贅沢な時間」を有していたからです。

今回はノルウェーの墓地から遺品としてボードゲームが見つかったのであり、埋葬されていた人が高い地位にあったことを示唆しています。

次ページ古代ゲームの類似性

<

1

2

>

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!