眼球スキャンで生物学的年齢が分かる。 実年齢と身体の年齢は違う!?

Credit:depositphotos
point
  • 新しく開発されたアイスキャンは、人の「生物学的年齢」を割り出せる
  • 水晶体に含まれるタンパク質は老化分子を蓄積し続けており、アイスキャンによって検出可能
  • 将来、簡単な網膜スキャンだけで「本当の年齢」が分かるようになるかも

「年齢」は生きてきた年数を表わす数字であり、その人の本来の「生物学的年齢」を示すものではありません。

人が異なる速度で老化するという事実は一般的ですが、個人の「生物学的年齢」を測定するのは非常に難しいこととされてきました。

しかし、米国ボストン大学医学部分子老化・発達研究室のリー・E・ゴールドスタイン氏らの新しい研究によって、「生物学的年齢」を測定できる特殊な眼球スキャナーが考案されました。

水晶体を測定するだけで、その人の「本当の年齢」が分かるのです。

人の老化速度は異なる

Credit:depositphotos

人の老化速度は様々な要因によって影響を受けます。

例えば、喫煙、血圧、体重、病気はいずれも平均寿命に大きな影響を与えるものとして知られています。

加えて、2016年に行われたカルフォルニア大学の研究によると、それら環境要因が同じだったとしても、人によって老化のスピードは異なるとのこと。

これは個々が異なった「体内時計」を持っていることを意味します。

実際に、「速く老化する人」と「遅く老化する人」を比べると、年齢・環境要因が同じでも次の10年で死亡する確率が約30%も異なっているのです。

このように人の「生物学的年齢」は「遺伝的要因」と「環境要因」によって大きく異なります。もちろん、様々な研究によってこれらを測定することはできますが、複雑で時間がかかるものでした。

そのため、迅速で簡単かつ正確な「生物学的年齢」の測定方法が求められてきました。

次ページ眼球スキャンで「生物学的年齢」が分かる

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE