古代ギリシアでは「クモ糸」が絆創膏に使われていた!? 現代医療にも通ずる万能素材

animals_plants 2020/06/24
Credit: jp.depositphotos

クモの糸は、クモのお腹の中にある特殊な液体からできています。お尻の先から噴出された液体が、空気に触れることで糸になるのです。

またクモは、質の異なる数種類の糸を使い分けており、それぞれ強度や柔軟性、粘着性がまったく違います。

例えば、クモの巣は、獲物のトラップになる粘着性の高い糸や自分の足場に用いるベタつかない糸などが組み合わさってできています。

クモ自身は、足場だけを歩くので、自由に巣の上を行き来できるのです。

近年、このクモ糸が、自然界の万能素材として注目されており、医療やエンジニアへの応用が期待されています。

クモ糸は古代ギリシアの絆創膏だった⁈

クモの糸は大昔からすでに、出血や感染を防ぐ効果があるとして、医療用に使われてきました。

例えば、古代ギリシアでは、外傷を負った兵士の絆創膏として使われたのです。現代のような医療器具を持たないギリシア兵士たちは、蜂蜜と酢を混ぜた液体で傷口を消毒し、その上にクモの網を貼り付けて止血をしました。

また、傷口に塗り込む形でクモ糸を使ったりもしたのです。

Credit: jp.depositphotos

無茶な応急処置に思えますが、近年の研究では、クモ糸が傷口を覆うドレッシング(創傷被覆)材として有効であることが証明されています。

英・オックスフォード大学の実験では、クモ糸から作ったドレッシング材が、ホスト動物の体組織に拒絶反応を起こすことなく融合しました。また、人体にもアレルギー反応や炎症反応を起こすことなく、生物適合性に非常に優れていることが分かっています。

この特性と現代の技術を組み合わせることで、絆創膏のように後で取り外す必要がなく、自然に皮膚組織に溶け合うドレッシング材の開発が期待できます。

さらに、クモ糸に抗生物質を混ぜることで、治癒性の高いドレッシング材を作ることも可能でしょう。

鉄の強度を持つクモ糸からインプラントを作る

クモ糸は、強度や柔軟性などの外部特性にも優れています。

研究によると、クモ糸の内部には特殊なタンパク質構造があり、これが外部圧力への耐性や柔軟性へと繋がっていました。また、クモ糸は、同じ重量で比較すると鉄の強度を上回るのです。

それでいて柔軟性に長けているため、加工も自由自在。現在では、クモ糸を使ったヘルメットや乗り物の機材、身体に埋め込む生体インプラントの開発も進められています。

膝の置換手術のために作られたインプラント/Credit: cnn

一方で、クモ糸の大量生産が難しいという問題点もあります。

クモは自分の糸を食べて再利用したり、毎日のように新しい糸を紡ぎ出せるので、糸の生成そのものは難しくありません。

しかし、糸の採取は、手作業で1本ずつ集めなければならず、また共食いの可能性もあるため集団飼育もできないのです。

こうした難点を解決できれば、「クモ糸軟膏」や「クモ・バンドエイド」といった商品が店頭に並ぶ日もそう遠くないかもしれません。

アマゾンのクモが生み出す芸術的な巣「シルクヘンジ」の謎

reference: interestingengineeringcnnnatgeo / written by くらのすけ
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG