地上225kmで初めて”宇宙遊泳”をした女性が、今度は”もっとも深い海底”に挑戦

space

チャレンジャー・ディープから戻った後のキャシー・サリバン氏(左)とビクター・ヴェスコヴォ氏(右)/Credit:Enrique Alvarez
point
  • 宇宙を歩いた最初の米国人女性が、地球で最も深い場所に到達した
  • 地球で最も深い場所「チャレンジャー・ディープ」に到達したのは女性初

6月8日「EYOS Expeditions」の宇宙飛行士兼海洋学者であるキャシー・サリバン氏(68)は、地球で最も深い場所である「チャレンジャー・ディープ」に到達。

これにより、彼女は女性初のチャレンジャー・ディープ到達者になりました。

彼女はまた宇宙遊泳を最初に経験した米国人女性でもあります。

宇宙遊泳をした最初の米国人女性

サリバン氏は左から3番目/Credit:NASA

1978年、サリバン氏は米国宇宙飛行士の最初のグループの1人としてNASAに加入。

そして1984年10月11日、米国人女性として初めて宇宙での船外活動を行ないました。

地球から約225km上にあるシャトルチャレンジャー貨物室での作業の後、彼女はその経験を「本当に素晴らしい」と表現しています。

1984年のシャトルチャレンジャーで宇宙遊泳中のサリバン氏/Credit:NASA

宇宙歩行を楽しんだ彼女はその後、自身の分野を宇宙から海へと変更し、米国海洋大気庁長官に就任。

現在、サリバン氏は新しい分野でも高い評価を得ており、ウッズホール海洋研究所のティム・シャンク氏は、彼女を世界の海の研究における「完璧なリーダー」とさえ呼んでいます。

そんな彼女が次に目指したのは、宇宙のように高い場所とは対照的な、最も「低くて深い」場所でした。

女性初!地球で最も深い場所「チャレンジャー・ディープ」に到達

チャレンジャー・ディープとは1872年から1876年まで航海していたイギリスの船「チャレンジャー号」によって発見され、「地球上最も深い場所」として認められています。

この領域は北西太平洋のマリアナ諸島の東にあるマリアナ海溝の最深部にあり、多くの探検隊がこの亀裂の深さを測ろうと、最深部を目指してきました。

世界の海の深さの平均が3700mなのに対し、チャレンジャー・ディープは水深10000m以上にもなります。

いくつかの意見があるようですが、チャレンジャー・ディープ最深部は水深10910mとのこと。

そして現在、このチャレンジャー・ディープに到達できる潜水艦は世界で1隻しかありません。

Credit:Enrique Alvarez

6月8日、サリバン氏はその深海調査用潜水艇「リミッティング・ファクター」に乗り込み、チャレンジャー・ディープへの到達に成功しました。

これによりサリバン氏は、チャレンジャー・ディープ最深部に到達した8番目の人物となりました。女性による到達は世界初です。

偉業を成し遂げ、海面へ浮上した彼女がすぐに行ったのは、宇宙との交信でした。

地上約408kmの国際宇宙ステーションに搭乗している宇宙飛行士のグループに電話をかけ、宇宙空間街探査機について語り合ったのです。

1日のうちに海洋学者としても宇宙飛行士としても働いた彼女は、この日をEYOS Expeditionsが発表した声明の中で、「一生に一度の特別な日」と呼んでいます。

サリバン氏は今後数日間海上に留まる予定です。

宇宙と最深部に到達したサリバン氏。彼女が次に目指す場所はいったいどこなのでしょうか。

この報告は6月8日「EYOS Expeditions」に掲載されました。

Kathy Sullivan becomes first woman to Challenger Deep; EYOS coordinates call between International Space Station and DSSV Pressure Drop
https://www.eyos-expeditions.com/kathy-sullivan-becomes-first-woman-to-challenger-deep-eyos-coordinates-call-between-international-space-station-and-dssv-pressure-drop/

スクロールすると深海にどんどん潜れるサイト「The Deep Sea」は時間が溶ける面白さ

深海のトランスフォーマー。潜水型→ヒューマノイド型に変形する修理ロボが開発

reference: nytimes / written by ナゾロジー編集部
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG