お金をかけずに今スグできる!マスクをしてもメガネが曇らないコツ

life

Credit: depositphotos

新型コロナウイルスが流行する今、マスクの着用は欠かせない必須事項となっています。

そんな中、メガネを常用する方にとって、レンズの曇り問題は避けて通れません。

また、車の運転や本を読むときなど、特定の機会にメガネをかける人も含めると、同じ悩みに煩わされている人はかなり多いでしょう。

そこで今回、お金をかけずに家にあるもので手軽にできる、メガネの曇り防止法をご紹介します。

メガネが曇るのはなぜ?

credit: Pixabay

マスク着用時のメガネの曇りは「呼吸」が原因です。

特に、マスクと顔の隙間が空いていると、そこから水蒸気を含んだ息が漏れ出します。

このとき、息と外気の温度差が大きいと、息に含まれる水蒸気が冷やされて水になり、レンズ表面に水滴として付着するのです。

曇りを防ぐ2つのアプローチ

この仕組みが分かれば、曇りを止める方法は、基本的に2つのアプローチしかありません。

1つは、マスクと顔の隙間から息が漏れ出るのを防ぐこと。

もう1つは、レンズ自体が曇らないように工夫することです。

息の漏れを防ぐ3つの方法

最初のアプローチの場合、方法は主に3つあります。

1つ目は、マスクのヒモを交差させて耳にかける方法で、マスクと顔の隙間がなくなるよう調節します。マスクのサイズが大きい場合は、この方法が有効でしょう。

Credit: US Military, zmescience

2つ目は、ティッシュやペーパータオルを折り込んだものを隙間に挟む方法です。これにより、息に含まれる水蒸気が吸収されて曇りは起きません。

3つ目は、フェイステープを使って固定し、マスクと顔の隙間をなくす方法です。これは医療従事者がよく使う方法で、息が漏れるのを完全に防ぎます。

レンズに細工をする方法

では、もう1つのアプローチを見てみましょう。

こちらは多くの一般家庭にある「石けん」や「シェービングクリーム」を使います。

石けんの場合、軽く水で濡らしたレンズに石けんの泡を薄くコーティングします。余分な泡は取り除きましょう。これを自然乾燥させるか、ティッシュなどを使ってレンズを優しくふき、乾燥させます。

シェービングクリームでもやり方はほぼ同じです。レンズにクリームを薄く塗って、布巾などで軽く拭き取りましょう。

すると、レンズ表面に薄い層ができて、これが水蒸気による曇りを防ぐのです。

今では、メガネが曇りにくいマスクや曇り防止スプレー、曇らないメガネレンズなども普通に市販されていますが、いかんせんお金がかかりますし、わざわざ買うのは面倒です。

そんな時に、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

簡単便利!ペーパータオルだけで作れる「折り紙マスク」の作り方

マスク最終形態!? 上半身をすっぽり覆う空気清浄機付きシールドが2万円で購入可能

reference: zmescience / written by くらのすけ
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG