technology

ヒトの脳を進化させた「知恵の実」遺伝子が、サルの脳を巨大化させると判明 (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.06.19 Friday

「知恵の実の遺伝子」がもたらした別の問題

1枚目の画像
脳は人類の精神にとって負担になるまで大きくなった/Credit:depositphotos

近年の研究によって、ARHGAP11B遺伝子は、先天的な「知的障害」「統合失調症」「てんかん」などを引き起こすことが知られています。

ARHGAP11B遺伝子は人間の頭部を巨大化(巨頭化)させましたが、大きすぎる脳は自閉症を含む様々な神経障害や行動障害を発生させる要因になりました。

ですが今後、ARHGAP11B遺伝子に関する研究が進めば、脳障害に対する新しい種類の治療薬の開発につながると期待されます。

またARHGAP11B遺伝子を改変することで「品種改良された知恵の実」ができるようになるかもしれません。

しかしこの新たな「知恵の実」は自然な進化の結果でないので、食べたいという誘惑を断ち切れず、遺伝子を人工的に改変してしまえば、自らヒトを辞めることになります。

そこまでいかなくても、精神は変質し、元々のヒトとの間に決定的な差が生じるでしょう。

ヒトがヒトのままでいるためにも、倫理の再定義を進めなければならないかもしれませんね。

研究内容は日本とドイツの研究者の合同で行われ、マックス・プランク研究所のマイケルハイデ氏らによってまとめられ、6月18日に権威ある学術雑誌「Science」に掲載されました。

Human-specific ARHGAP11B increases size and folding of primate neocortex in the fetal marmoset
https://science.sciencemag.org/content/early/2020/06/17/science.abb2401/tab-figures-data

『猿の惑星』が現実に? 中国が「サルの脳」に人間の遺伝子を移植した結果、認知機能が向上したと発表

reference: inverse / written by katsu
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!