ピエロのような模様を持つ新種クモを発見! 名前は映画ジョーカーの俳優から命名

animals_plants

確かに「ジョーカー」っぽい…?

イラン北部・アルボルズ州にて、新種のベルベット・スパイダー(イワガネグモ科)のオス2匹が発見されました。

新種は「ローリーディア・フェニクシィ(Loureedia phoenixi)」と命名されています。

これは腹部表面の模様が、2019年公開の映画『ジョーカー』で、俳優のホアキン・フェニックスが演じた主人公ジョーカーの顔化粧に似ているからだそう

ホアキン・フェニックスは、動物愛護活動家としての一面もあり、新種にも彼の名前が取り入れられています。

前から見るとジョーカー、後ろから見ると…?

ホアキン・フェニックス扮するジョーカー/Credit: newscolony

ベルベット・スパイダーは、全部で100種類ほどが知られており、主にユーラシアとアフリカ大陸、それにアジアの一部地域で見られます。

全身が艶のある細かな体毛に覆われていることから、ベルベットという種名が付けられました。

多くは、モロッコやスペイン、イスラエルといった地中海周辺部に生息していますが、イランで見つかったのは今回が初めてです。

発見者のイラン人クモ学者、アリレザ・ザマーニ氏は「オスが2匹だけ見つかりましたが、メスはまだ未発見のまま」と話します。

こちらは冒頭画像のクモと同じオスですが、このように逆から見ると、歌舞伎の隈取(くまどり)にも見えます。

ローリーディア・フェニクシィは、脚部が白黒のシマ柄になっており、腹部表面の白と赤の人面模様が特徴的です。

こちらがもう1匹のオスですが、ジョーカーというより、ホラー映画『ソウ』シリーズの「ジグソウ」に似てますね。

母親は自分の体を子どもに食べさせる

いかにも毒を持っていそうな見た目ですが、人に対する毒性はありません。

ベルベット・スパイダーは、オスとメスで見た目の個体差が大きく生じる「性的二型(sexual dimorphism)」であり、その結果、オスはメスよりも小さく、カラフルで独特な体模様になりました。

見た目はジョーカーですが、共食い習性を持つクモの中では珍しく社会性の高い種でもあります。100匹以上での集団生活や共同での巣作り、子どもの世話までするそうです。

一方で、母親が自らの遺骸を子どもたちに食べさせる「マトリファジー(matriphagy)」という習性を持ちます。

ベルベットスパイダーの母親は、子どもたちが卵嚢内で待機する間に、体組織を徐々に崩壊させ、後で子どもたちが食べやすいような体づくりをするのです。

そして孵化が始まる頃、母親の体の大部分は崩壊が進み、一部が液状化します。2週間ほど子育てをした後で、母親は、子どもたちに自らの体を栄養分として与え始めるのです。

ローリーディア・フェニクシィはメスが見つかっていないので、同じ習性を持っているかは分かりませんが、究極の愛情表現と言えるのではないでしょうか。

スパイダーマンになりたかった少年、毒グモに手を咬ませて救急搬送される(ボリビア)【虫注意】

アマゾンのクモが生み出す芸術的な巣「シルクヘンジ」の謎

reference: newscolony / written by くらのすけ
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG