高度30kmまで飛ぶ宇宙気球が開発される。 手軽に「青い地球」を見られる時代が来る

technology

Credit:spaceperspective
point
  • 高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」が開発される
  • ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で旅行の気分が味わえる
  • ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能

Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。

ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、旅行の気分が味わえます。

ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。

の近くまで上昇できる気球「ネプチューン」

ネプチューンは乗客が収容されるカプセル、それを上昇させる気球から成り立っています。

Credit:spaceperspective

気球はフットボール場ほどのサイズで、真空に近い状態でも動作するようです。

この技術はNASAでも活用されてきた実績あるテクノロジーからは派生したものであり、NASAは大型望遠鏡の飛行に同様の気球を使用してきました。

気球内には空気よりも軽い水素が用いられており、気球を上昇させることが可能。ヘリウムも空気より軽いのですが、現在医療用に使用されることが多く、供給が限られているため水素が使用されているのです。

ちなみに「ネプチューン」という名称は、海王星(英語:Neptune ネプチューン)から来ていると思われますが、その大気は主に水素やヘリウムからなっています。

また、気球によって上昇するカプセルの定員は、乗客8人とパイロット1人のみです。

Credit:spaceperspective

カプセルにはパノラマウインドウが採用されており、360°見渡すことが可能。

このとき太陽からの強い紫外線を受けるのですが、窓には服のヘルメットと同じ素材が使用されているので、紫外線の影響をカットしてくれます。

カプセル内下部にはトイレも設置されているため安心して搭乗できるでしょう。

更にカプセルには様々な通信機器やセンサーが内蔵されており、高度・気温などの情報取得、外部との通信、ライブストリーミングなども可能です。

を体感できる旅行プラン

ネプチューンは気軽な旅行のため考案されました。

しかし実は、ネプチューンは高度30km(成層圏)まで上昇するものであり、定義上の(高度100km以上)に到達することはできません。

それでもカプセルの窓からは「青い地球」を眺めることができ、旅行の気分を味わうことができるのです。

Credit:spaceperspective

実際の旅行は上昇に2時間、30km地点での巡航に2時間、降下に2時間をかける予定で、合計6時間の旅行となります。そして海に降下したネプチューンを船が回収しに来てくれます。

カプセル内は、結婚式やコンサート、ライブインタビュー、会議などに使用できるほどのスペースがあるため、旅行の際にそれらのイベントを行うこともできるでしょう。

最初の無人飛行試験は2021年初めに予定されており、成功するなら私たちにも旅行への道が開けるかもしれません。

予約料金は1人につき12万5000ドル(約1300万円)とのこと。

地球を眺める特別な旅行にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ついにきた〜!ファルコン9による初の有人宇宙船打ち上げ成功!

reference: thespaceperspective / written by ナゾロジー編集部
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG