technology

銃弾と高熱から兵士を守る多機能ナノファイバーが作られる! 「わたあめ製造機」に強度のヒントがあった (4/4)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.01 Wednesday

前ページ対弾性と耐熱性のテスト

<

1

2

3

4

>

わたあめの製造原理も軍事技術になる

1枚目の画像
ノウハウと技術に加えて軍事技術化への強い動機がなければならない/Credit:depositphotos

今回の実験結果によって、わたあめ製造機のような身近な製造原理からでも、貴重な軍事技術がうまれることがわかりました。

ハーバード大学の技術開発局は、この技術の特許を申請しており、商業化を積極的に推進しています。

日本は、わたあめ製造機のノウハウも、アラミド繊維を作る技術も持っていましたが、今回の研究のような軍事技術化には及びませんでした。

それが幸せなことなのか、不幸なことなのかは個人によって判断が別れるかもしれませんね。

研究内容はハーバード大学のグラント・M・ゴンザレスらによってまとめられ、6月29日に学術雑誌「Matter」に掲載されました。

para-Aramid Fiber Sheets for Simultaneous Mechanical and Thermal Protection in Extreme Environments
https://www.cell.com/matter/fulltext/S2590-2385(20)30291-5

2021年に「AI搭載の無人戦闘機」と有人戦闘機が模擬空戦を行う予定(米軍)

reference: sciencedaily / written by katsu
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ

<

1

2

3

4

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!