関東上空で大きな火球(流れ星)を観測! 「ナゼ流れ星はさまざまな色に輝くのか」簡単解説

chemistry 2020/07/02

Credit:depositphotos
point
  • 7月2日午前2時、関東上空で強い光を放つ流れ星が観測され、その後轟音が響き渡る
  • 小惑星や彗星の塵が地球の大気圏に突入し、流れ星として輝く
  • 流れ星の輝きの色は、組成によって異なる

7月2日午前2時32分ごろ、関東の上空で非常に大きな流れ星が観測されました。数分後には周囲に爆発音が響き渡っており、「流れ星の破裂音が地上に伝わってきたのでは」と話題になっています。

KAGAYASTUDIO」によって観測された流れ星は最初小さな光でしたが、3秒後には、輝きが何倍にも膨れ上がりました。

さらに、時間経過で異なった輝きを放っており、最初は青緑、その後は徐々に赤の輝きへと変化しています。

今回のように流れ星が鮮やかに輝くのはなぜでしょうか?また流れ星によって色が異なるのはどうしてでしょうか?

流れ星が輝く理由

流れ星(流星)の元は、小惑星の粒子や彗星の塵です。

それらが地球の大気圏に入ることで燃え上がり、強い輝きを放つのです。

流れ星のイベントとしてよく知られているのは、毎年決まった時期に訪れる「流星群」でしょう。

Credit:AccuWeather

この流星群は、地球が、塵の群れ(彗星が通った後など)を通過するときに生じます。地球は公転運動によって太陽の周りを回っているので、自ら塵の中に突入し、「流れ星の大群」が観測されるのです。

ですから、今回のように単体での大きな流れ星の観測は、予測しづらい貴重なケースだと言えるでしょう。

流れ星によって色が違うのはなぜ?

さて、流れ星は通常白い光を放っています。そして、しばしば他の色も一緒に観測できます。

流れ星の写真には様々な色が同時に写っている場合もあるようです。

今回の流れ星は、肉眼でも時間経過で様々な色を観測できたようですね。

では、輝きの色が異なるのはなぜでしょうか?

Accu Weather」の気象学者イブ・サミュエル氏は、「流星が発する光の色は、その化学組成に依存している」と説明しています。

彼によると、「流星に含まれる異なる化学物質は、地球の大気圏に入っていく間に燃え尽きるため、その過程で異なる色を生み出す」とのこと。

例えば、カルシウムを主成分とする流星は紫色を放ちますが、マグネシウムから作られた流星は緑色または青緑色に見えます。

Credit:AccuWeather

上の対応画像からすると、今回の流れ星の組成もおおよそ予測できますね。

また、アメリカ気象学会(AMS:American Meteorological Society)によると、流星の移動速度が速いほど色が濃く見えるようです。

AMSは「遅い流星は赤色やオレンジ色で、早い流星は青みを帯びていることが多いと報告されています」とも付け加えています。

今後も流星群は定期的に観測できるでしょう。また、今回のようにイレギュラーな流れ星が見られることもあります。

その時には、流れ星の色にも注目してみてはいかがでしょうか?きっと組成や速度の違いを楽しめるでしょう。

夜空を落下する「火球」の正体、実はかなりヤバいと判明

reference: accuweather / written by ナゾロジー編集部
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG