渡り鳥の鳴き声が20年間で変化していた!? 鳥もバズりを気にするのかも(北米)

animals_plants 2020/07/05

Credit:The Cornell Lab
point
  • カナダからアメリカにかけて生息する渡り鳥ノドジロシトドは最近カナダ全域で歌い方が変わった
  • 越冬時に異なる地域の鳥たちが混じり合い新しい歌が広まった可能性が高い
  • 新しい歌の方が広まった原因は不明だが、単に鳥たちの間でバズっただけと思われる

人間にとっては何気ない背景音にしか聞こえていない鳥たちのさえずりですが、そこには決まった曲調というものがあります。

普段意識していなくても、聞き慣れていた鳥のさえずりが、ある日変わってしまっていたら、違和感を覚えるかもしれません。

実際、今回の研究者Otter氏は、引っ越しをきっかけに聞き慣れた鳥の歌声が変わっていることに気が付きました。

それは地域的な歌い方の差だと思っていたのですが、気がつくといつの間にか、カナダ全土でその鳥の歌い方は西部の歌い方に変わっていたのです。

Otter氏が知る限りこれは前例のない出来事でした。

一体鳥たちに何があったのでしょうか? Otter氏は、鳥のさえずりのデータを集めているアマチュア研究者の協力のもと、この謎に挑む研究を始めたのです。

歌い方を変えてみた

対象となったのはノドジロシトドというノドの辺りが白く、眉が黄色いホオジロの仲間です。シトドとは日本の古い言葉でホオジロのことを指します。

この鳥は、夏場はカナダで過ごし、冬場はアメリカに渡って越冬する渡り鳥です。

研究者のOtter氏は1990年の後半にカナダの西部へ引っ越しました。

すると、今まで聞き慣れていたノドジロシトドの歌声が違うものになっていたのです。

通常のノドジロシトドはさえずりの最後に3つの音を震わせる歌い方をします。しかし、カナダ西部のノドジロシトドはさえずりの最後に2つの音を震わせる歌い方をしていたのです。

言葉で言われてもピンと来ないと思うので、研究者のアップしている参考動画を聞いてみるとその違いがよくわかります。

動画の最初が3音で終わる歌。後半が2音で終わる歌です。

この小さな歌い方の違いは、Otter氏が気がついた2000年辺りでは、カナダ西部だけのローカルな歌い方に過ぎませんでした。

しかし、2019年になるとカナダのどこで聞いても、2音で終わる歌い方になっていたのです。

Otter氏はアマチュア科学者が集めた、1950年以降に記録された1785羽のオスのノドジロシトドの歌のデータを使い、状況を分析してみました

すると2000年から2019年の間に、2音の歌はカナダ西部のブリティッシュコロンビア州から、3000kmも離れたオンタリオ州まで伝わって、少なくとも1950年代から続いていた伝統的な3音の歌を一掃してしまっていたのです。

さえずりの変化。青が2音の歌。赤が3音の歌。2000年にはカナダ西部の一部にしかなかった2音の歌が、2019までの調査では大きく拡がりを見せている。/Credit:Current Biology,Ken A. Otter et al.(2020)

スズメや他の鳥でもさえずりの曲調が変化するというのは珍しいことではありません。

しかし、これはいわば鳥たちの方言と呼べるもので、あくまで地域的な違いに留まっており、他の地域へ広がるということはありませんでした。

ところがノドジロシトドの2音の歌はカナダ西部の方言だったにもかかわらず、記録的な速さで大陸を横断し、東部地域まで広まってしまったのです。

これは前例のない出来事でした。

方言がバズってしまった?

歌の変化がどうやって遠い地域の鳥たちの間へ広まっていったかについては、この鳥が渡り鳥だから、という理由で説明をつけることができます

たとえば、同じホオジロの仲間でミヤマシトドは、渡りで越冬した際、越冬地で一緒に過ごした他の地域の歌い方の要素を取り入れることがある、という報告があります。

そこで、これを実証するため、研究チームは、ブリティッシュコロンビア州の50羽のノドジロシトドのオスを捕まえてジオロケーター(鳥の足や背につける小さなセンサー)を取り付けて、彼らが渡りで移動を経験した後、装置を回収して分析してみました。

すると同じ地域から飛び立った鳥たちでも、越冬地は西へ東へ広範に移動しており、一部はロッキー山脈も越えていました。

こうなると2音の歌は十分に他の地域に住むノドジロシトドたちにも伝わっていた可能性があります。

異なる地域ごとの鳥たちが一緒に越冬すれば、他地域の新しい歌を覚えることは十分に可能です。

しかし、なぜ新しい2音で終える歌が、彼ら全体に採用されたのかははっきりとしません。

鳥たちは求愛行動としてオスがメスに向けてさえずります。通常メスたちは自分たちの地域の歌を好む性質があるため、歌い方はあまり変化しません。

しかし、ノドジロシトドのメスは状況が違うのかもしれません。彼女たちは聞き慣れた歌より、あまり聞き慣れない方の歌を好む可能性があります

そうなると、新しいタイプの歌い方ができるオスが有利になります。

もしそうだとすると、また時間がたてばノドジロシトドの歌い方は全体で急速に変化していく可能性もあります。

そのため、この現象は何なのか、という点について研究者のOtter氏は「今まで気づかなかっただけかも知れない」という可能性を認めています。

鳥たちはひょっとすると定期的に広域で歌い方を変えていて、単に人間たちがそれに気づいていなかっただけなのかもしれません。

現在はネットを通じて広大な地域の鳥のさえずりデータが、野鳥を調査するアマチュア科学者たちのサイト上で、毎年共有されています。

これが他の種でより一般的な現象であるかどうかは、今後調査していく中で明らかにされるでしょう。

Credit:depositphotos

とりあえず、現状では人間の流行語と同じ様に、鳥たちの間で地域の方言が一時的にバズってしまった、と説明する他ない現象のようです。

ネットでなんでも語尾に「ンゴ」と付けたり、猛虎弁で話す人が増えるというのと同じ様な出来事なのかもしれません。

鳥だからそんなことがないとは言えないでしょう。

この研究は、北ブリティッシュコロンビア大学の生物学教授,Ken A. Otter氏を筆頭とする研究チームより発表され、論文は生物学に関する学術雑誌『Current Biology』に7月2日付けで掲載されています。

Continent-wide Shifts in Song Dialects of White-Throated Sparrows
https://doi.org/10.1016/j.cub.2020.05.084

鳥はなぜ酸素の薄いエベレストを越えて飛べるの?

reference: sciencealert/ written by KAIN
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG