【ナゼ】盗掘された人骨がフェイスブックの闇市場で違法売買されている!?

history_archeology

Credit: jp.depositphotos

SNSとして世界最大のシェアを誇るフェイスブックに近年、闇市場の魔の手が広がっています。

そこで売買されているのは、なんと人の遺骨。

遺跡から盗まれたものや出所不明の遺骨が多数出回っており、秘密裏に取引されているのです。

これについて、アメリカの科学ニュースサイト「ライブ・サイエンス」の記者は、人骨が売買されるフェイスブック・グループに約10ヶ月潜入し、闇市場の実態を調査しました。

歴史的に貴重な遺骨も売買されていた

カタコンベのイメージ / credit: depositphotos

取引される人骨のほとんどは出所不明ですが、中には遺跡から盗んできたことを堂々と記載しているものもあります。

例えば、550ドルで売りに出された頭蓋骨は、アメリカ人コレクターが、北アフリカ・チュニジアの都市スースにあるカタコンベに侵入して、盗んできたものでした。

こうした行為は完全に違法であり、また歴史的な損失も大きいです。

特に、スースのカタコンベは、初期キリスト教徒1万5000人以上の遺骨が保存されている貴重な場所。今から2000年ほど前のスースは、古代ローマ帝国に支配されており、キリスト教は異端として迫害されていました。

その際、キリスト教徒たちは、秘密の会合場所として地下のカタコンベを使用したのです。つまり、この場所は初期キリスト教徒たちの活動の証拠が保存されている、歴史的に重要な遺跡なのです。

遺骨や遺物が盗まれると、歴史の物語に穴を開けることになります。

頭蓋骨を密売したコレクターはワシントンを拠点にしており、他にも多数の人骨を売りに出していました。ライブ・サイエンスは、人骨に興味がある風を装って、コンタクトを取ってみたものの、質問には答えず、売買の投稿も削除されています。

しかし、彼らのようなバイヤーは、氷山の一角に過ぎません。

子どもの遺骨がコレクターに人気

頭蓋骨のイメージ / credit: depositphotos

人骨の闇取引の中でコレクターに特に人気なのが、胎児、乳児、幼児の遺骨だそうです。闇市場のグループ内でも「子どもの遺骨を探しているのだが」といった書き込みが多数見られます。

ある取引では、1700年代に死亡した6歳の子どものミイラが、1万2000ドルを超える価格で売却されていました。ミイラの出所は書かれていませんが、出品者は「NOT A GRAVE ROBBERY(墓荒らしの盗品ではない)」と強調していたようです。

ホルマリン漬けになった胎児の亡骸も2350ドルで取引されていました。概要欄には「使われなくなった医療用標本」とだけあり、他には何も説明もありません。

こうしたネット上の違法行為を防止する団体「Alliance to Counter Crime Online」のグレッチェン・ピータース氏は、「死者に対して根本的に敬意を払わない行為」であり、「世界中で墓荒らしを奨励している」と強く非難しています。

そもそも、なぜ人骨や亡骸を買う人があとを絶たないのでしょうか。

コレクターが人骨を集める理由とは

ライブ・サイエンスの調査によると、コレクターたちは、購入した人骨を主に自宅のオーナメントにしていました。

遺骨はしばしば、棚や机の上に飾られ、その画像をフェイスブックのグループ内でシェアしています。コレクターが購入した頭蓋骨に自ら穴を開けて、花を活けていることもありました。

彼らの中には、単に博物館の展示の真似をしたいと思っている人もいれば、「死」に強く惹かれている人もいたようです。

潜入調査後、ライブサイエンスは、フェイスブック本社にコンタクトを取り、人骨の売買が行われていることを警告しました。これに対しフェイスブック社は「ポリシーに違反する違法行為を確認次第、早急に対処する」と答えています。

ネット空間は、法の網の目をくぐり抜けやすく、違法行為が蔓延しやすい環境にあります。ネットの発達により、犯罪の現場は今やSNSにまで広がっているようです。

30年前に発掘された「ヴァンパイア」の正体が判明

reference: livescience / written by くらのすけ
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG