サッカーによって地震が起きた!? 本当に「揺れた」スタジアム

fun 2018/04/11
Credit: phys.org

「揺れるスタジアム」といった表現は、もはや比喩ではありません。

フットボールの生ける伝説、リオネル・メッシがゴールをゲットして盛り上がるスタジアムの傍らで、実際に地震計が震度を観測していたのです。

メッシが所属する世界最高峰のクラブチーム・FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ・スタジアム」は、地震計から約500メートルの距離にあり、収容人数は約10万人。つまり、10万人で人口の地震が作られたことになります。

地震計を管理する、バルセロナの地球科学研究所のジョルディ・ディアス氏は「試合があれば、ゴールのたびに地震計が反応を示します。…失礼。”バルセロナ” のゴールのときだけです」と述べており、スタジアムの熱さを物語っています。

Credit: Pixabay / カンプ・ノウ・スタジアム

先日のチャンピオンズリーグで、バルセロナがチェルシーを3-0で下した試合を覚えている人も多いかもしれません。開始早々、メッシがクルトワの股を抜いた先制ゴールは、地震計が「殺人犯がウソ発見器に “オレはやってない!” と主張したとき」のように反応したそうです。

また、昨シーズンのチャンピオンズリーグにて、バルセロナがパリ・サンジェルマンに6-1で勝利し、大・大・大逆転で8強進出を決めた試合では、地震計が「大地震の終わりかけ」の時のような反応を示したとのこと。

 

スペインのフットボール熱を感じることができるこのニュース。「メッシ愛」の強い筆者としては、いつか実際にカンプ・ノウでその「地震」を体感してみたいと思っています。

 

via: phys.org / translated & text by なかしー

 

関連記事

「UFOをみた」宇宙飛行士の発言がウソ発見器をクリアしてしまう

アフリカ大陸が真っ二つ? 大地溝帯でアフリカが裂ける恐れ

「愛」を楽譜に込めた男。音楽によって暗号化されたメッセージ

 

SHARE

TAG

funの関連記事

RELATED ARTICLE