「今月の星の見どころ」特別版:ネオワイズ彗星が肉眼で見える!? 今から7月いっぱい要チェック

現在、ネオワイズ彗星(C/2020 F3 (NEOWISE))が見頃です。

今年の3月に発見された彗星ですが、国立天文台の情報によると、7月8日時点で1~2等級まで明るくなっているのだとか!

肉眼で普通に観測が狙える明るさの彗星というと、1997年のヘール・ボップ彗星以来ではないでしょうか。

Credit: 国立天文台

7月半ばまで:明け方に彗星を観測しよう

彗星が太陽に近づく、今から14日頃までがネオワイズ彗星の最初の観測チャンス。日の出1時間前の明け方の空、北東の方角に出ています。

近くに「冬のダイヤモンド」を構成する、ぎょしゃ座の1等星「カペラ」があるので、目印にすると良いです。

ただし最高高度となる11日前後でも約8度ほどで、非常に低い位置に見えるため、かなりひらけた所で観測する必要があります

さらに厳しいのは、梅雨の時期なので全国的に雨が続いていますよね。

Credit: ofugutan AstroArtsの情報をもとに作成

次ページ7月半ば~下旬:夕方に彗星を観測しよう

1

2

3

4

5

6

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG