「電子だけを食べて生きる電気生命体」の生育に成功

電気バクテリアは周囲に電気を通すナノワイヤーをもっている/Credit:デレク・ロヴリー/ SPL
point
  • 電子を食べ、電子を排出する電気バクテリアを鉄電極を使って育成できた
  • 電気バクテリアを生かすだけならエサは電子だけでいい

電子を食べ、電子を排出する電気生命体とも言うべき細菌(電気バクテリア)を、鉄電極を使って人工的に育成することに成功しました。

私たちは細菌がさまざまなエネルギー源で生き残ることを知っていますが「電気バクテリア」は極めて特殊な存在であり、純粋な電子を、直接エネルギーとして吸収できます。

今回の研究では、この電気バクテリアを、一切の栄養源を与えないまま、鉄電極から放出される電子だけで育てました。

電気バクテリアはいったいどんな仕組みで生きていけたのでしょうか?

食事と呼吸の本質は電子の吸収と排出

credit:ナゾロジー

電子を食べ、電子を排出して生活している電気バクテリアは、一見、地球生命の常識から外れた存在に思えます。

しかし地球生命としては、決して逸脱してはいません。

なぜなら、生命の食事は電子の取り込みであり、呼吸は使い終わった電子の排出と解釈することが可能だからです。

私たち人間も過剰な電子をたっぷり含んだ糖分を食べ、使い終わった電子を酸素に受け渡すことで呼吸しています。

そのため呼吸(酸素)を止めることは、捨てるべき電子の出口を塞ぐ行為であり、苦しくなるのは電子の流れが滞っているからだとも言い換えられるのです。

食べるのも排出するのも純粋な電子である電気バクテリアは、生物が行う電子の流れを極限まで絞り込んだ存在であり、ある意味では最も純粋な地球生命とも言えます。

次ページ電気バクテリアを生かすだけなら電子のみでいい

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG