古代エジプトを征服した「ヒクソス」は野蛮な侵略者ではなかったと判明!? 平和に暮らす移民の反逆か

history_archeology

肌色が薄いのが「人」、褐色が強いのが「エジプト人」/Credit: FALKENSTEINFOTO

世界史のエジプト編に登場したという民族を覚えているでしょうか。

彼らは、紀元前18世紀頃、エジプトに侵入して当時の王朝と戦い、紀元前1650年頃に政権を奪取しました。が建てた王朝は「エジプト初の異民族王朝」として歴史に名を刻み、約100年の間、エジプトを支配します。

ところが今回、英・ボーンマス大学の最新研究により、はエジプト外部からの侵略者ではなかった可能性が浮上しました。

によるエジプト征服は、内部からの犯行だったのかもしれません。

」はどんな民族?

そもそもの正体は、多くが謎に包まれています。

定説では、西アジアにルーツを持ち、ヒッタイトやミタンニといった民族の大移動に追われる形で、エジプトに移動しました。ところが、武力に優れるは、BC1650年頃にエジプト中王国を叩いて、「エジプト第15王朝」を建てます。

シリア・パレスチナ〜エジプト北部の一帯を支配し、主に騎馬や二輪戦車を持ち込みました。

の支配地域(黄)/Credit: ja.wikipedia

その後、BC1542年頃、新たに力を持ったエジプト新王国に敗れ、パレスチナ地方に逃亡し、滅亡に至ります。

これまでの研究で、は典型的なエジプト人とは違うことが指摘されていました。例えば、の名前の多くは、明らかに西南アジア系のものでした。

記録文書には「は外地からやって来た異民族の侵入者」と書き残されていますが、厳密な正体は今もって不明です。

は平和的にエジプトに住み着いた移民だった?

ところが今回、が支配した古代都市アヴァリスから出土した遺骨を調べたところ、彼らはエジプト生まれだったことが示唆されました。

アヴァリス遺跡は、1940年代に、エジプトの首都カイロから北東120キロの地点で発見されています。

アヴァリス遺跡の位置/Credit: ja.wikipedia

ボーンマス大学の研究チームは、アヴァリス遺跡で見つかった頭蓋骨の歯を分析し、の正体に迫りました。

が政権を奪取する以前の350年間に埋葬された36人の歯を調べたところ、そのうちの24人が外国生まれと判明しました。出身地までは特定されていませんが、これはエジプト王国が政権以前の数百年にわたり、移民を歓迎していたことを意味します。

さらに、政権時代に当たる別の35人の歯を調べるた結果、同様に移民の受け入れが行われていました。

つまり、は初めから征服を目的に侵入したのではなく、移民として平和的に移住して来たのでしょう。政権を取ったの支配層は、まったくの異民族ではなく、数世紀前に移住して来た集団の子孫だったのかもしれません。

しかも、この説明は理にかなっています。というのも、アヴァリス遺跡では、過去に戦闘や略奪が行われた痕跡がほぼ見つかっていないのです。

もしが異国の征服者だったなら、そうした痕跡が見られるはず。要するに、彼らは平和的かつ緩やかにエジプトに移住し、後に何らかの理由で反逆者になったのでしょう。

反逆に転じた理由は今もって分かりませんが、は通説となっているような野蛮な民族ではなかったかもしれません。

研究の詳細は、7月15日付けで「PLOS ONE」に掲載されています。

Who were the Hyksos? Challenging traditional narratives using strontium isotope (87Sr/86Sr) analysis of human remains from ancient Egypt
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0235414

2600年前の”戦士の遺体”が、実は「13歳の少女」だったと判明(シベリア)

reference: sciencemag / written by くらのすけ
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

あわせて読みたい

SHARE

TAG