カザフスタンで紀元前1600年頃の「つがいの馬骨」を発見! 中央アジアの乗馬は通説より早く始まっていた

animals_plants

Credit: South Ural State University

ロシア・南ウラル国立大学らの研究により、カザフスタンの墳墓にて、青銅器時代の馬の遺骨が発見されました。

馬はオス(20歳)とメス(18歳)のつがいで埋葬されており、近くには馬具と思われる遺物も出土しています。

頭蓋骨には、馬具の装着で変形した跡が見られ、中央アジアにおける乗馬の始まりをこれまでの説より数世紀ほど遡るかもしれません。

調査には、カザフスタンとアメリカの研究チームも参加しました。

中央アジアでの乗馬は「BC1600年頃」に始まった?

馬の遺骨が見つかったのは、カザフスタン北部・コスタナイ地方の町リサコフスクにある墳墓です。

この墳墓は、BC2300〜1000年頃の青銅器時代に、中央アジア〜シベリア南部で栄えた「アンドロノヴォ文化」に属します。

馬の遺骨の炭素年代測定を行った結果、生息年代はBC1600年頃まで遡ることが判明しています。従来の説では、中央アジアでの乗馬が始まったのは、おおよそBC900年頃とされていました。

馬の頭蓋骨を調べると、馬具装着の痕跡が見つかったことから、人々は、定説より数世紀前に乗馬を習得していたと考えられます。

Credit: South Ural State University

乗馬を普及させるのは、決して簡単ではありません。

馬に乗る前に、まず野生の馬を人に慣れさせ、飼育が容易になってからようやく乗馬へと移行します。

アンドロノヴォ文化では、騎馬や戦車のけん引馬といった軍事面にも活用していたことから、馬との接触はもっと以前に遡るかもしれません。

馬の乗り手は青銅器時代の「保安官」だった?

Credit: jp.depositphotos

研究チームは、乗馬の始まりだけでなく、アンドロノヴォ文化の人間社会のあり方についても新たな見解を述べています。

乗馬が始まった当初は、誰にでも乗りこなせるものではなく、乗り手は限られていたはずです。そこでおそらく、乗馬と戦闘技術に優れた一部のエリート層が権力を握り、仲間の部族や近隣住民を統率したと思われます。

また研究チームは「これらのエリートたちは、集団内の争いを鎮圧、仲介する立場にあったでしょう。例えて言えば、彼らは青銅器時代の保安官のような存在だったのではないか」と指摘します。

もしかしたら彼らの乗馬に関する知識と技術が、のちの中央アジアで権勢を誇る好戦的な騎馬部族「スキタイ」へと受け継がれたのかもしれません。

研究の詳細は、「Journal of Archaeological Science: Reports」に掲載されています。

Early evidence for horse utilization in the Eurasian steppes and the case of the Novoil’inovskiy 2 Cemetery in Kazakhstan
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352409X2030211X?via%3Dihub

馬と犬は「共有言語」を持っていた。生物が異種でも意思疎通できる理由

reference: archaeologynewsnetworkphys / written by くらのすけ
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

あわせて読みたい

SHARE

TAG