2種の絶滅危惧種の魚から誤って新しい「ハイブリッド種」を作ってしまった研究

animals_plants

Credit: mdpi
point
  • 「生きた化石」と呼ばれる2種のチョウザメから、意図せず「ハイブリッド種」が誕生
  • 繁殖研究の中で、両者の精子と卵子が遺伝的混合に成功した

2015年公開の映画『ジュラシック・ワールド』では、恐竜の遺伝子を掛け合わせた超凶暴なハイブリッド種「インドミナス・レックス」が登場しましたが、これに近いことは現実でも起こりえます。

ハンガリー水産・海洋研究所(HAKI)の最新報告によると、恐竜と同じくらい古い歴史を持つ2種の魚類から、まったく新しいハイブリッド種が誕生したとのことです。

しかも、最初からハイブリッドの作成を計画していたわけではなく、繁殖研究の中で意図せずして誕生したそう。

一体、どんな新種が生まれたのでしょうか。

自然界では決して交わらない2種

研究に用いられた2種の魚類は、「ヘラチョウザメ(American paddlefish)」「ロシアチョウザメ(Russian sturgeon)」です。

ヘラチョウザメは北アメリカのミシシッピ川を、ロシアチョウザメは東欧の黒海やカスピ海を原産とし、普通なら交わることはありません。

両者の祖先は、ともに1億年以上前の恐竜時代にまで遡り、さらに長い歴史の中でほとんど姿を変えていないことから「生きた化石」と呼ばれます。

アメリカ原産の「ヘラチョウザメ」、長い鼻先が特徴/Credit: ja.wikipedia
東欧原産の「ロシアチョウザメ」、よりサメに近い見た目/Credit: en.wikipedia

研究チームは当初、個体数の減少が懸念されるロシアチョウザメについて、無性生殖の一種である「雌性発生(gynogenesis)」が可能であるかをテストしていました。

無性生殖は、メスが子孫をクローンとして生み出しますが、雌性発生は、オスの精子を発生のきっかけとして使います。ただ、オスの精子は発生の刺激となるだけで、遺伝的には関与しません。

チームは、ヘラチョウザメから採取した精子を、ロシアチョウザメの卵子の近くに置き、雌性発生するかを試しました。ところが予想とは違い、精子と卵子は遺伝的に完全に結合し、予期せずハイブリッド種が誕生してしまったのです。

人の手が介入しなければ、生まれることのなかった新種は「スタードルフィッシュ(sturddlefish)」と命名されています。

ハイブリッド種は父親似?母親似?

結果的に、数百匹のスタードルフィッシュが誕生し、それぞれが前例のない見た目をしていました。

こちらが、その画像です。

一番上の(a)が「ロシアチョウザメ」、一番下の(d)がアメリカ原産の「ヘラチョウザメ」です。真ん中の2枚がハイブリッドの「スタードルフィッシュ」であり、(b)の個体はロシアチョウザメに、(c)はヘラチョウザメの方に似ています。

ただどちらも、遺伝的に母親となるロシアチョウザメに近い見た目をしていました。

Credit: Kaldy et al., Genes, 2020

これは、他生物における同様の交配実験の大半が失敗していることを考えると、驚くべき結果です。

研究チームは、2種の遺伝的交配が成功した理由について、「チョウザメ遺伝子の類似性や互換性、柔軟性の高さが、生息地や形態的な隔たりを乗り越えたのではないか」と説明します。

一方で、スタードルフィッシュには、ハイブリッドの宿命として短命に終わる個体もおり、生存率は平均して62〜74%でした。それでも100匹近くが、今も元気に生きているそうです。

ただ研究チームは「これ以上ハイブリッド種を作ったり、増やす予定はない」と話します。確かに、人の手による新種が生態系を狂わせる可能性は十分にあるので、懸命な判断と言えるでしょう。

意図せずして誕生した新種は、自然の日の目を見ることなく生物史の闇に消えていくようです。

研究の詳細は、7月6日付けで「Genes」に掲載されました。

Hybridization of Russian Sturgeon (Acipenser gueldenstaedtii, Brandt and Ratzeberg, 1833) and American Paddlefish (Polyodon spathula, Walbaum 1792) and Evaluation of Their Progeny
https://www.mdpi.com/2073-4425/11/7/753/htm

“10メートル級のイカ”とサメが対決! サメの背中に吸盤型の傷跡が発見される(ハワイ)

reference: sciencealertiflscience / written byくらのすけ
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

あわせて読みたい

SHARE

TAG