medical

1400年前のヴァイキングの歯から「天然痘ウイルス」を発見! 20世紀に根絶したものと遺伝子が違っていた

2020.07.25 Saturday
1枚目の画像
天然痘ウイルスが見つかったヴァイキングの遺骨/Credit: The Swedish National Heritage Board
point
  • 1400年前のヴァイキングの遺骨から、「天然痘ウイルス」を発見
  • 既存の天然痘ウイルスの物的証拠を1000年近くも更新
  • ヴァイキングの天然痘ウイルスは、20世紀のものと遺伝子的に異なっていた

人類は今、新たな感染症との闘いを強いられていますが、同様の闘いは過去にいくつも繰り広げられて来ました。

中でも、多くの死者を出したのが「天然痘(smallpox)」です。

天然痘の始まりは定かでありませんが、長きにわたって人類を苦しめ、20世紀だけで約3億人の命が奪われています。

歴史家によれば、天然痘ウイルスは紀元前1万年から存在するそうですが、17世紀以前に天然痘ウイルスが存在した物的・科学的証拠はありません。

ところが今回、ヨーロッパ北部の遺跡から出土したヴァイキングの歯の化石から、約1400年前の天然痘ウイルスが発見されたのです。

天然痘ウイルスの物的証拠の中では最も古く、既存の記録を1000年近くも遡ると言われています。

研究は、ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ、デンマーク・コペンハーゲン大学らにより報告されました。

人類が闘いに勝利した唯一の感染症

天然痘は、「天然痘ウイルス」を病原体にする感染症です。

人に対する感染力が非常に強く、致死率は平均して20〜50%に達しました。

飛沫や接触により感染し、約1〜2週間の潜伏を経て発症します。初期は40度前後の高熱が出て、3〜4日後に一度熱が下がります。それから全身に豆粒のような発疹が広がり、7〜9日後に再び高熱が出ます。

発疹は化膿して膿疱(のうほう)となりますが、体表面だけでなく、呼吸器や消化器といった内臓にもできるので、最悪の場合、重篤な呼吸不全を起こし、死に至ります。

2枚目の画像
天然痘ウイルス/Credit: ja.wikipedia

それでも天然痘は、人類史上初めて根絶に成功した唯一の感染症でした。

ワクチンの開発により、1977年を境に感染者は出ておらず、1980年5月8日にWHOが「地球上からの天然痘の根絶成功」を宣言しています。

次ページ見つかった「天然痘ウイルス」は遺伝子構造が違っていた

<

1

2

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!