水道水に含まれる「リチウム」で自殺率が低下すると判明! 薬漬けにしない精神医療が可能になるかも

life

Credit:depositphotos
point
  • 水道水のリチウム濃度と地域の自殺率に負の相関があるという研究は、90年以降数多く報告されている
  • 英国の研究チームは、こうした地域別に行われた研究群に対して史上初のメタアナリシスを実施した
  • 結果微量のリチウムで、地域のメンタルヘルスが改善される可能性がかなり有望だと示された

リチウムと聞くと、多くの人がスマホなどに使われる小型バッテリーを想像するでしょう。

けれど、うつ病をはじめとした気分障害に悩む人は、薬品を思い浮かべるかもしれません。

リチウムはバッテリーの材料以外に、気分を安定させたり、自殺を低減させる優れた向精神薬としての実績を持っています。

通常、薬として使用される場合、リチウムは高濃度で投与されます。

しかし、最近の研究ではこのリチウムが低濃度でも十分な効果を発揮する可能性があると指摘されているのです。

しかもそれは水道水に含まれる僅かな濃度のリチウムでも、地域の自殺率を変化させているとのこと。

日本では大分大学などが数年前に大規模な調査結果を報告していますが、世界各国でも同様の調査研究が行われていて、その関連論文数は実に数百件に及びます。

こうした中、英国の研究チームが初めて飲料水のリチウム濃度と自殺率に関するメタアナリシス(複数の論文を統合して非常に精度の高い分析を行うこと)を実施しました

その結果によると、水道水の僅かなリチウムが自殺率を減らし、地域のメンタルヘルスを改善させる可能性は、非常に有望なようです。

天然元素「リチウム」とは?

Credit:Wikipedia

リチウムは1817年に鉱石の中から発見されたため、ギリシャ語で「石」を意味する「Lithos」にちなんで名付けられました。

このリチウムは1949年に、オーストラリアの医師ジョン・ケイドがモルモットの実験から躁うつ病に効果的だと報告したことで、向精神薬として利用されるようになります。

水道水のリチウム濃度という話をされると、そんな向精神薬の材料になるようなものをわざわざ添加されているの? と疑問に思う人もいるかもしれませんが、天然の鉱物に含まれるリチウムは、自然の中で勝手に染み出してくる成分です。

そのため水道水でなくとも、野菜や穀物、ミネラルウォーターの中にも含まれているし、海水には淡水よりずっと高濃度のリチウムが含まれています

天然元素なので、水道水の含有濃度も地域によって異なっているわけです。

また、最近の研究ではリチウムがアルツハイマー病などの認知症発生率の低下や、地域の暴力事件の低下に関連しているという報告もされています。

研究のメタアナリシス

水道水中のリチウム濃度が高いと地域の自殺率を下げるという研究は90年以降世界各国で行われていて、数多くの論文が投稿されています。

ただ、それらはあくまでローカルな調査結果で、世界全体の調査結果を集計して分析したものはありませんでした。

そこで、今回の研究チームは世界中で報告されている文献を徹底的に集め検証し、最終的に9件の研究に絞り込んでメタアナリシスを行ったのです。

Credit:depositphotos

これには日本、オーストラリア、アメリカ、イギリス、ギリシャ、イタリア、リトアニアの1286の地域の調査データが含まれていました。

サンプルとした飲料水のリチウム濃度は平均で3.8μg/ Lから46.3μg/ Lの範囲に収まっています。(ただし例外で80μg/ Lを超えるコミュニティがいくつかありました)

この地域のリチウム濃度と自殺率を分析した結果、有意に逆相関(一方の値が上がると一方の値は下がる)の関係性があると確認できたのです。

ただ、これはまだ可能性段階の話で結果には注意が必要です。リチウムを摂取する経路は先に説明したように自然の中に多数存在します。

野菜や穀物などの食べ物にも含まれますし、天然ミネラルウォーターには水道水よりもはるかに高いリチウムが含まれていることがあります。

こうした外部要因との関連を細かく検証することは現状できないため、あくまで水道水のリチウムだけを原因に絞って調査は行われているのです。

実際に検証するならば、自殺率が高い地域の水道水のリチウム濃度を上げて、効果があるか確認するということになってしまいますが、それはちょっと政府の陰謀めいた実験にも見えて印象はあまり良くありません。

ただ、リチウムを精神医学で用いる場合、効果を確認するためにかなり高濃度で利用しなければならないと考えられています。薬としての利用開始当初の頃は、致死量と効果量が近いために患者を誤って死なせてしまうという事故も起こっているそうです。

躁うつ病などを患う人は、気分を安定させるために薬漬けになってしまうという問題があります。

もし水道水に含まれる程度の微量のリチウムでも、長期間摂取し続けることで十分にメンタルヘルス改善の効果が現れるのだとしたら、それは重要な発見になるでしょう。

Credit:depositphotos

この研究は英国サセックス大学の研究者Anjum Memon氏を筆頭とした研究チームより発表され、精神医学に関する学術誌『The British Journal of Psychiatry』に7月27日付で掲載されています。

Association between naturally occurring lithium in drinking water and suicide rates: systematic review and meta-analysis of ecological studies
https://doi.org/10.1192/bjp.2020.128

ダイヤモンドは海から? 不滅の愛には海のミネラルがいっぱいだった

「不眠症」になるタイプには5つある!「うつ病」リスクはストレスと幸福度の両方で見るべし

reference: sciencealert,medicalxpress/ written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG