mathematics

ウイルスには外に出たがるアウトドア派と引きこもるインドア派がいた。数学から導かれた繁栄戦略

2021.01.27 Wednesday

2020.08.02 Sunday

1枚目の画像
Credit:pixabay
point
  • 感染後のウイルスは、細胞内に留まり複製を続けるか、新たな感染先を探すかの2つの戦略を持つ
  • 新たな研究は、2つのC型肝炎ウイルスを使った感染実験を実施し、数学的に解析
  • 結果ウイルスには「インドア派」と「アウトドア派」のような個性があることが判明した

ウイルスは遺伝情報を運んでいるだけで、自らは増える能力を持っていません。

そのため生き物の細胞が持つ、遺伝子を複製する機能を奪って増殖していきます。

ここで、ある細胞に感染したウイルスには2つの選択肢が生まれます。それは「このまま感染者の体内に留まってせっせと複製を作り続けるのか」、あるいは「外へと旅立って新たな感染先を探すのか」です。

ウイルスは非常に小さく、思考する力を持つわけではありませんが、彼らにも繁栄するための戦略があるはずです。

ウイルスたちの戦略を理解することは、効果的な治療薬開発のために重要です。

新たな研究は、そんなウイルスたちの振る舞いを生物学と数学を組み合わせて評価しています。

その結果によると、どうもウイルスには「外に出たがるタイプ」と「うちにこもりたがるタイプ」という個性があるようです。

内政か? 侵略か?

ウイルスが細胞に感染し、自らの複製を作る方法を手にしたとき、彼らはコピーの遺伝子構造に2つのオプションを選択できます。

それは、さらに細胞内に留まり続けてより多くのコピーを作成するため働かせるか、パッケージ化して放出し新たな細胞へ感染を広めるかです。

これは戦略シミュレーションゲームにおいてプレイヤーが「内政向けのユニットを作って地盤を固めるか」、それとも「開拓ユニットを作って積極的に領土を広げるか」を選択するのに似ているかもしれません。

2枚目の画像
CIVILIZATION VI./Credit: Take-Two Interactive Software, Inc.

こうした選択をするとき、ゲームならプレイヤーは使える資源、時間などのコストからどちらに重み付けをするかという戦略を立てるはずです。

こうした戦略は個々のウイルスでも機能しているはずですが、これまでの科学ではそんなウイルスの繁栄戦略の存在を示すことは困難でした。

次ページウイルスの挙動を数学的にモデル化

<

1

2

3

>

数学のニュースmathematics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!