第3の目を持つトカゲは、遺伝子的に「哺乳類と爬虫類のハーフ」であることが判明

animals_plants

ニュージーランドにのみ生息する「ムカシトカゲ(Tuatara)」は、生物の中でも一風変わった存在です。

生まれは約2億5000万年前の中生代に遡り、それから現在に到るまでほとんど姿を変えていません。それゆえ、恐竜時代の生き残りとして「生きた化石」と称されます。

そんなムカシトカゲに関する新事実が、この度の最新研究により明らかになりました。

哺乳類に大別されるムカシトカゲは、遺伝子的に、哺乳類と爬虫類の中間にあることが分かったのです。

研究は、オーストラリア・アデレード大学により報告されています。

ホントに不思議な「ムカシトカゲ」

ムカシトカゲは、絶滅危惧種に指定されており、ニュージーランドにわずか2種しか現存していません。

恐竜時代の生き残りというだけでもレアですが、その生態はもっと驚きに満ちています。

まず、ムカシトカゲには「第3の目」があります。

目に似ているのではなく、ちゃんと眼球や眼窩があり、神経も通っています。ただ視力自体はなく、紫外線の吸収や光を感じ取るために使われているようです。

頭上に「第3の目」/Credit: naturenz

また、生物屈指の長寿命を誇り、多くが100年近く生きます。中には110歳を超える個体もいるそうです。

長寿の秘訣は、超低体温で新陳代謝が低いからと言われます。一般的なトカゲの体温が20度前後に比べ、ムカシトカゲは5〜11度です。

110歳を超えるムカシトカゲの「ヘンリー」/Credit: ja.wikipedia

それから環境の温度によって性別が決定します。研究では、21度あたりでオスメス半々、22度以上で8割がオス、20度以下で8割がメスになります。

他にも、若者は昼行性で、大人になると夜行性に変わるなど、ホントに不思議な生き物なのです。

遺伝子は哺乳類と爬虫類のハーフ⁈

今回の研究では、ムカシトカゲの遺伝子を調べ、系統樹の中でどこに位置するかを確かめました。ムカシトカゲは近縁種がいないため、系統樹の正確な位置付けが困難なのです。

調査の結果、ムカシトカゲの遺伝子は、ヘビやトカゲよりも哺乳類や鳥類に近いことが判明しました。

特に、動く遺伝子として知られるトランスポゾン、いわゆる「ジャンピング遺伝子」にその兆候が見られています。

遺伝子は普通、染色体の一定の場所に固定されており、一般的には、遺伝子が単独で染色体から離れ、他の染色体に移動することはありません。しかし、1950年代に、ある染色体から他の染色体にジャンプできる遺伝子が発見されました。

これがトランスポゾン(ジャンピング遺伝子)です。

ムカシトカゲは、このジャンピング遺伝子において、爬虫類を約4%単孔類(哺乳類でありながら卵生、カモノハシなど)を約10%、そしてヒトを含む胎盤哺乳類を1%ほど共有していることが分かりました。

Credit: nature

研究主任のデビッド・アデルソン教授は「これは非常にめずらしい例であり、ムカシトカゲが遺伝的に哺乳類と爬虫類の中間に位置することを示す」と話しました。

ムカシトカゲは、約2億5000万年前にヘビやトカゲと袂を分かち、独自の進化線を歩んでいったものと思われます。

 

研究の詳細は、8月5日付けで「Nature」に掲載されました。

The tuatara genome reveals ancient features of amniote evolution
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2561-9

「どっちに進化するか迷ってるのかも」卵生と胎生が同時にできる地球上で唯一のトカゲ

reference: iflscienceeurekalert / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG