「うんちの痕跡」を衛星写真で追うと、ペンギンの隠れコロニーが発見できちゃった。

animals_plants

Credit:depositphotos
point
  • 衛星画像から南極の奥地に、8つの完全に新しいコウテイペンギンのコロニーが発見された
  • 地上でも3つの新たなコロニーが発見されており、推定されるコウテイペンギンの数は10%程度増加した
  • とはいってもコウテイペンギンの絶滅危惧は解消されない

南極のペンギンたちは氷の上にコロニーを作ってそこで繁殖を行います。

これは毎年決まった場所に形成されるため、ペンギンのコロニーは宇宙から見てもわかるほどのペンギンたちの糞の跡が付きます

ちょっと汚い感じもしますが、これによって衛星画像からペンギンたちのコロニーの位置を推定することができるのです。

そして新たな研究は、南極大陸の衛星画像から人間では近づくことが困難な場所に、コウテイペンギンの新しいコロニーを8つも発見したと報告しています。

地上でも3つのコロニーが新たに発見されており、計11の新しいコロニーが確認されたことになります。

コウテイペンギンのコロニーはこれまで50近く発見されており、今回の発見で既存のコロニーの数は20%も増加しました。

この発見でコウテイペンギンの総個体数の推定は5~10%増加することになるようです。

コウテイペンギンは絶滅危惧種にしていされており、これは一見明るいニュースのようにも聞こえます。

しかし、実際のところ状況は違ったようです。

衛星で探すペンギンのコロニー

南極は過酷な環境のため、人間でも近づくことが難しい場所が数多く存在します。

コウテイペンギンのコロニーは、絶滅に瀕している彼らの状況を理解するためにも重要ですが、実際すべてのコロニーを地上から発見できるわけではありません。

そこで活躍するのが衛星写真です。

ペンギンたちは繁殖の時期になると決まった場所で身を寄せ合いますが、それによって真っ白な南極の大地に、宇宙からでも見えるくらい糞の染みができるのです。

今回新たに発見されたペンギンコロニーの衛星画像。茶色いシミがペンギンたちの糞の跡。/Credit:Fretwell & Trathan, Remote Sensing Ecology and Evolution, 2020

今回、こうした糞の汚れによるコロニーの痕跡が、衛星画像から計11発見されました。

もちろん糞の跡があったからと言って、これらすべての場所がペンギンが繁殖地だと断言できるわけではありません。しかし、こうした場所は数年に渡って持続しており、繁殖地の可能性はかなり高いと言えるのです。

ペンギンたちのコロニー

Credit:depositphotos

ペンギンたちは海でエサを捕り生活していますが、離れた場所に移動していても、毎回同じコロニーに帰ってきて繁殖をします。

この群集の大きさは、極寒の地で暮らすペンギンたちの生存に直接影響を与えるものです。

彼らは冷たい風や低体温を防ぐためにお互いに身を寄せ合います。そのためコロニーが小さくなればなるほど、体温の維持が難しくなり、特に卵の孵化期にはリスクが増大するのです。

ペンギンたちが卵を産み、孵化させて雛を育てるためには、約9カ月間安定した足場となる氷が必要とのこと。

そのため気温上昇による氷の融解は、子育て中のペンギンや、次世代の雛たちを悲惨な状況に追いやっているのです。

コロニーは貴重な繁殖地であり、この土地を失うことはペンギンという種にとって致命的な問題になることが、すでに過去の研究から証明されています。

これはコウテイペンギンだけでなく、同じく南極に住むアデリーペンギンたちにも言えることです。

依然危機的なペンギンたち

コウテイペンギンのコロニー分布、サイズ、脆弱性。/Credit:Fretwell & Trathan, Remote Sensing Ecology and Evolution, 2020

今回発見された場所を含め、コウテイペンギンのコロニーは61カ所が確認されています。

上の画像は昨年までに確認されたコロニーの分布と規模、脆弱性を示した地図です。大きい円ほど大規模で、赤い円ほど絶滅の危機にあるコロニーになります。(藍色の円はまだモデル化されていないもの)

ペンギンたちは海に近い氷の上にコロニーを形成していて、その土地の多くは温暖化などの影響で氷の融解ともに失われてしまう脆弱な場所にあります。

研究では今世紀の終わりまでに、これらのコロニーの80%近くが90%以上縮小するだろうと予想されているとのこと。

コウテイペンギンの新たなコロニー発見は、明るいニュースのようで絶滅の危機に対しては焼け石に水のようです。

愛らしい姿の彼らは極端な気候変動によって、大量に死んでいるのです。

 

この研究は、イギリス南極研究所より発表され、論文は生態学に関する学術雑誌『Remote Sensing in Ecology and Conservation』に8月4日付けで掲載されています。

Discovery of new colonies by Sentinel2 reveals good and bad news for emperor penguins
https://doi.org/10.1002/rse2.176

【笑撃】ペンギンが「糞を噴射するときの軌道」を物理学的に計算!? イグノーベル賞研究を日本人が発展させる

reference: sciencealert/ written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG