technology

思わず二度見しちゃう。世界初のデジタル日時計の仕組みが面白い (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.08.15 Saturday

前ページ太陽光でピクセル表記するには?

<

1

2

>

世界初!「デジタル表記できる日時計」

1枚目の画像
Credit:Mojoptix

デジタル時計の数字はピクセルの集まりなので、先ほどのピクセルを複数集めるなら、太陽光のピクセルで数字を表現できます。

さらに、太陽の時間経過と穴の位置を計算するなら、太陽の位置に沿って時刻を表現できるでしょう。

完成したデジタル日時計は筒型に複数の穴があけられています。これは3Dプリンターで作成されており、20分ごとに時間を知らせてくれます。

2枚目の画像
手で回転させているが、本来は固定し太陽の位置で数字が変化する/Credit:the action lab

実際にデジタル日時計を太陽の下に設置して観測してみましょう。現在11:20です。

3枚目の画像
Credit:the action lab

しばらくすると、11:20から11:40になりました! この数値は正確であり、スマホが示す時間ともピッタリ合っていますね。

4枚目の画像
Credit:the action lab

Mojoptixによると、このデジタル日時計は非常に複雑な構造を要するため、「3Dプリンター以外で作成できないだろう」とのこと。量産できないため、スーパーやデパートで入手するのは難しそうです。

ただし、これはオープンソースなので、3Dプリンターを持っていれば私たちでも作成できます。

太陽がある限り時刻を分かりやすく教えてくれる「デジタル日時計」。興味がある方は作成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

デジタル日時計は「Mojoptix」にて紹介されています。

魔法陣ぽい「日時計」を組み立てたらカッコよかったので腕時計にしてみた

「星のソムリエ®」が国立天文台野辺山の見どころを紹介します

reference: the action lab / written by ナゾロジー編集部

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!