ワニと人の涙は、ほぼ同じ成分だった!?ワニは2時間もまばたきしなくて大丈夫

animals_plants

Credit: Pikist

「ワニの涙(crocodile tears)」といえば、西欧世界では、偽善や空涙を意味する言葉です。これは、古代ヨーロッパで「ワニは獲物を誘うためにウソ泣きし、涙を流しながらエサを食べる」という迷信から来ています。

この真偽はともかくとして、ブラジル・バイーア連邦大学の研究によると、ワニとヒトの涙は化学組成の面でほぼ一緒であることが新たに判明しました。

ワニの涙の研究は、今回が世界で初めてとなります。

ワニが2時間もまばたきせずにいられる理由が判明!

涙は、目を健康に保つ上で欠かせない物質です。

一般的に、水分と油分、粘液で構成されており、それらが結合して目を覆うことで、タンパク質やミネラル分を供給します。乾燥や感染症の予防、ゴミの除去としても有用です。

生物における涙の研究は、眼球の進化を考えるためにも必須なのですが、これまでは、ヒト、イヌ、馬、サル、ラクダといった哺乳類のごく一部しか対象とされていませんでした。

そこで今回初めて、鳥類とから涙を採取し、その化学組成を調べました。

対象となったのは、インコ、タカ、フクロウ、オウム、カメ、カイマン(ワニ)、ウミガメの7種です。比較のため、健康な成人10名からも涙を採取しています。

Credit: Arianne P. Oriá
Credit: Arianne P. Oriá
Credit: Arianne P. Oriá

その結果、涙に含まれる電解質(ナトリウムや塩化物)は、ヒトおよび鳥類、で組成がかなり似通っていました。

一方で、カイマンとフクロウの涙では、ヒトやその他の生物よりもタンパク質の濃度が高いことが分かっています。これは、カイマンとフクロウの目が大きく、あまりまばたきをしないことが関係しているようです。

ヒトは10〜12秒ごとに瞬きをしますが、カイマンは一度もまばたきせずに2時間目を開けていられます。

その秘密は、涙の中のタンパク質の多さにあるのかもしれません。

ワニは涙の結晶パターンも特別だった

研究チームは、これとは別に、涙が乾燥したときにできる結晶構造を調べてみました。結晶化パターンを知ることで、涙のタイプ間のより細かなバリエーションを明らかにできます。

その結果、化学組成とは対象的に、結晶にはかなり幅広いパターンが見られました。

こちらがそれぞれの結晶画像であり、Aインコ、Bオウム、Cフクロウ、Dタカ、Eカメ、Fウミガメ、Gカイマンとなっています。

Credit: Frontiers in Veterinary Science

研究チームによると、FウミガメとGカイマンでは、結晶に見られる枝葉構造が他と大きく違っており、水中環境に適応したことが関係していると思われます。

しかし、これがどのような機能を果たしているかは分かりません。

本研究は、飼育下の動物に限定されているため、今後は野生動物からも涙を採取することで、環境要因による変化を調べていく予定です。

研究主任のアリアナ・P・オリア氏は「涙の研究は、異種間にまたがる眼球の進化について理解を深めるとともに、ヒトや動物のための新たな眼治療法を生み出すことにも繋がる」と話しています。

 

研究の詳細は、8月13日付けで「Frontiers in Veterinary Science」に掲載されました。

Comparison of Electrolyte Composition and Crystallization Patterns in Bird and Reptile Tears
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fvets.2020.00574/full

1億年前の足跡から太古のワニが「二足歩行」だったと判明

reference: zmesciencescitechdaily / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG