3つの丸だけで顔に見える「パレイドリア現象」は、顔だけでなく「感情」も読み取っていた!

Credit: flickr,Tom Hentoff

雲や石ころ、コンセントや家の外壁が、何かの顔に見えることがあります。

これは「パレイドリア」という心理現象であり、誰もが一度は経験があるでしょう。「月の中にウサギが見える」というのもパレイドリアのひとつです。

目と口を表す形があれば、脳は自動的に「顔」と認識してしまうのですが、今回、ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)の研究により、パレイドリアの働きは、形状の認識のみにとどまらないことが判明しました。

研究チームによると、パレイドリアは、顔の感情を読み取る社会的な働きも備えていたとのことです。

時々、物に見られている感じがするのは、これが原因かもしれません。

「パレイドリア」はなぜ起こる?

人の顔は、すべて少しずつ違いますが、目や口の空間的な配置など、共通する点もあります。

研究主任のコリン・パルマー氏は「顔を表す基本的なパターンは、私たちの脳が敏感に反応する形であり、それと同じ特徴を持つ物体は、パレイドリアを引き起こしやすい」と説明します。

不思議ですが、丸が2つに、線が1本あれば、脳は勝手に顔を解釈してしまうのです。

これだけで「顔」に見えてしまう/Credit: ja.wikipedia

その一方で、日常の顔認識は、単に顔の形に気づくだけでは終わりません。そこには、顔の人物が誰であるか、喜んでいるか怒っているか、あるいはこちらに気づいているかなど、あらゆる情報を同時に読み取っているのです。

そこで研究チームは、パレイドリアにも同様の働きがあるかどうか調べるため、ある実験を行いました。

次ページ「パレイドリア」は感情も読み取っていた

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG