雨の降り方に強弱があるのはどうして?冬は小雨、夏は豪雨が多い理由

science

Credit: pixabay

雨には、ポツポツと穏やかに降る小雨もあれば、滝のように激しい豪雨もあります。

素朴な疑問ですが、こうした違いが起きるのはなぜでしょう。穏やかな雨と激しい雨が降りやすい条件があるのでしょうか。

この疑問を解決するには、まず雨が降る仕組みを知る必要があります。

雨はどうやって降るの?

Credit: jp.depositphotos

雨はすべて、「上昇気流」「空気中の水分()」の組み合わせによって生じます。

まず最初に、太陽光によって地上の空気が暖められると、周りの空気より軽くなって上空に昇り始めます。これが「上昇気流」です。

上空になるほど気圧は低くなるので、暖かい空気は、上昇するにつれて膨張します。膨張には、熱がエネルギーとして消費されるので、空気の温度はどんどん下がっていきます。

それから、空気が含む水分量は、暖かいほど多く、冷たいほど少なくなります。

そして空気の温度が下がると、それまで含んでいた水分がはみ出てしまい、水粒として現れます。これが集まってできたのが「」です。

の中の水粒には、それぞれ上向きの「浮力」と下向きの「重力」が働いています。

水粒が大きくなって、重力が浮力を上回ると落下し、「雨」となるのです。

穏やかな雨は冬に降る?

credit: pixabay

冷たい空気は、暖かい空気に比べて、保持できる水分量が少なくなります。そのため、冬場のは、薄い層のような形になっており、あまり水分を含んでいません。

さらに、冬の冷たい空気は、暖かい空気より重くて地上に停滞しやすいので、上昇気流がとても弱々しいのです。

このゆっくりとした上昇気流は、上空でみすぼらしい薄いを作り、水分量も少ないので小さな水粒しかできません。

しかも、上昇気流は水粒を上空にとどめておくほど強くないので、水粒は大きくなる前にすぐ落下してしまいます。

その結果、冬場は雨粒が小さくて、穏やかな雨が降りやすいのです。

激しい豪雨は夏が多い?

豪雨が降る条件はこれと真逆になるわけですから、空気中の水分量が多く、上昇気流が活発な場所ということになります。ズバリ、夏です。

夏場の強い日射は、地上の空気を急速に暖め、強い上昇気流を生み出します。ときには時速50〜60キロに達することもあるとか。もちろん、空気の温度も高いので、含まれる水分量も多くなります。

そうして出来上がるのが、分厚くて高さのある大きな積乱です。

Credit: Greg Lundeen/NOAA

その中でできた水粒は、激しい上昇気流に吹き上げられて、のさらに上層まで運ばれます。その過程で、水粒が雪だるま式に成長し、巨大化。上昇気流でも支えきれなくなると、雨粒となって一挙に落下し始めます。

これが夏の豪雨です。

の大きさから降水量も多く、川や道路はすぐに氾濫し、山は土砂崩れを起こす危険性もあります。

しかし、不幸中の幸いか、夏場の豪雨はそれほど長続きしません。大量の雨が一気に降って上昇気流を押しつぶしてしまうので、が消え、一転して青空が広がることもあります。

今はまさに夏本番の時期。突発的なゲリラ豪雨には十分お気をつけください。

映画『天気の子』から最近の異常気象を考えてみる【ネタバレなし】

reference: sciencealert / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG