8月16日、「ステルス小惑星」がひっそりと地球に”最接近”していた!?太陽光が惑星防衛局を妨害

space

Credit:KONAMI,Metal Gear Solid 2

現在地球の天文台は遠い宇宙の観測だけではなく、連携して地球近傍小惑星(NEO)の監視も行っています。

地球のすぐ近くで小惑星が発見されれば、ものの1時間ほどでその情報は世界中で共有され、地球衝突の確率が計算されます。

そんな厳重な監視体制があるにも関わらず、なんと通り過ぎるまで誰にも気づかれなかったステルス小惑星が登場したのです。

彼が検出されたのは、地球を通り過ぎて6時間後だったといいます。

このプロの侵入エージェントのような小惑星は、一体どのように監視網をくぐり抜けたのでしょうか?

誰にも気づかれずに地球に最も接近した小惑星「2020 QG」

Credits: NASA/JPL-Caltech

「2020 QG」と名付けられた小惑星が、8月16日(日曜日)に地球のわずか2,950キロメートル上空を通過していたことがわかりました。

これは落下するなど実際地球に影響を与えた既知の小惑星を除けば、これまででもっとも地球に接近した小惑星です。

現代のNASAやESAといった宇宙機関は、惑星防衛局という小惑星から地球を守る組織を作っていて、世界中のと連携しての監視をかなり厳重に行っています。

それにもかかわらず、この小惑星はまったく検出されていなかったのです。

最初にこの小惑星を検出したのはカリフォルニアのパロマー天文台で、それは「2020 QG」が地球を通り過ぎてから約6時間後のことでした。

最初に検出された「2020 QG」の映像。/Credits: ZTF/Caltech Optical Observatories

「ステルス小惑星」は太陽の方角から来ていたので見えなかった

Credit:SPACE.COM/ orbit animation: NASA/JPL-Caltech / produced & edited by Steve Spaleta

「太陽の方角から来たため、わたしたちにはそれが地球へ向かっているのが見えていなかった」

NASAの近地球天体研究センターの所長であるPaul Chodas氏はそのように理由を語っています。

小惑星のような天体は、現在光学観測により直接見て検出する以外発見する方法がありません。そのため、小惑星が太陽の方角から来られると、実質わたしたちにできることはほとんどないのです。

小惑星は地球に落下しても、とくに危険がないサイズだった

「2020 QG」はサイズが3~6メートル程度と自動車くらいの大きさでした。

このサイズの小惑星はたとえ地球に落下しても大気圏で燃え尽きてしまうため、地上に影響するような危険はなかったと発表されています。

しかし問題なのは、この小惑星が地球を通り過ぎてから6時間後まで誰も存在に気づかなかったという事実です。これは地球のセキュリティに不安を感じさせる出来事でしょう。

小惑星は140メートル級のものになると、1都市を壊滅させるだけの破壊力を持ち、数万人を死亡させる危険性があります。

そうでなくても20メートル級のものでも、大気圏に侵入すると火球を発生させ空中爆発を起こせば広島型原爆の30倍に相当するエネルギーを解き放ちます。

2013年2月に確認されたロシアのチェリャビンスクは17メートル級の小惑星の落下でしたが、このとき起きたの空中爆発の衝撃は、ロシア6都市もの広範囲に広がって建物のガラスを割るなどの被害をもたらし、1000人以上の負傷者を出しました。

2013年2月に撮影されたチェリャビンスク。/Credit:en.wikipedia

危険な小惑星については、現在さまざまな防衛方法が検討されていて、巨大な小惑星の場合には探査機をぶつけて軌道を反らす実験が、実際に「DARTミッション」としてNASA主導で進められています。

「60年以内に小惑星が地球に落下する」 NASA長官が驚きの発言!急げ防衛対策! – ナゾロジー

しかし、こうした作戦がうまくいくとしても、それは潜在的に危険な小惑星の存在を早い段階で察知できることが前提です。

完全に探索の隙間となる場所が太陽の方向にあるとなると不安に感じてしまいます。

今後NASAは太陽方向への監視体制も強化する

今回はあっさりと気づかれずに地球への接近を許してしまいましたが、太陽方向が監視の隙間になるということは天文学者も認識している事実です。

現在NASAは太陽方向からくる小惑星や彗星を検出できる宇宙望遠鏡の開発を進めています

2020年のNASAの予算では実に3600万ドル(38億円)近い資金が、この望遠鏡開発に投入されています。

うまく資金提供が続けば、この望遠鏡は2025年にも稼働させることができる可能性があります。

現在のところ、小惑星によって危険にさらされた経験を人類は持っていませんが、かつてはそれを原因とした大量絶滅があったことも事実です。

小惑星の監視体制と対策は、早く実現されるに越したことはないでしょう。

月軌道の内側まで接近する小惑星を発見! 地球を守る惑星防衛局が出動!

reference: businessinsider,NASA,SPECE.COM/ written by KAIN

 

あわせて読みたい

SHARE

TAG