animals plants

野生のオスイカたちは発情すると「液晶」のように鮮やかな色になり、メスへ”体当たりでキス”する

2020.08.23 Sunday

カモフラージュ能力に長けた一部のイカは、まるで体の表面に液晶画面を張り付けたかのような華やかな模様変化をみせてくれます

この華やかなイカ(Metasepia pfefferi)は、テレビや動画でよく放映されるのでご存知のかたも多いはずです。

しかしながら注目度は高くとも、彼らの野生での暮らしぶりは、ほとんど知られていません

そこでアメリカ海洋生物学研究所のハンロン氏らは、自然環境でのイカの振る舞いを詳細に観察する計画を立てました。

結果ハンロン氏らは、オスのイカたちの命を賭けた壮絶な恋愛ドラマを目撃することになります。

1枚目の画像
波打つ模様は色素器官を神経で高速制御することで可能になる/Credit:Journal of Experimental Marine Biology and Ecology . youtube

 

「体当たりでキス」オスイカの命がけの求愛行動

2枚目の画像
特徴的な波打つ模様は求愛のときにみられる/Credit:Journal of Experimental Marine Biology and Ecology . youtube

オスイカの求愛は大きくわけて3段階で行われます。

まずは上の動画のように、身体の色彩を波のように変調させながら、3組の腕を素早く振って、メスにアピールします。

この最初のプロセスは「波」と言われています。

「波」が行われているとき、イカは皮膚表面にある何千もの色素器官を高速神経制御によって操っています。

3枚目の画像
イカのキスは身体ごと相手にぶつかっていく/Credit:Journal of Experimental Marine Biology and Ecology . youtube

次にオスは「波」を続けながらメスの体に触れる「キス」と呼ばれる行いをはじめます。

しかし、ほとんどの場合、メスはオスの求愛を無視します。

メスはオスの求愛中も海底に擬態したまま、エサを食べ続けます。

そのためオスの「波」と「キス」は1時間近く続くこともあったとのこと。

しかし派手な色彩変化である「波」を長く続けていれば当然、天敵の目を引いてしまいます。

あるケースでは「波」を熱心に続けていたオスが、天敵のカサゴにパクリと食べられてしまったとのこと。

メスへの求愛はオスにとって、命がけだったのです。

次ページカラフルな模様変化は威嚇にも使われる

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!