チーターの100倍の加速!?「スリングショットスパイダー」はパチンコのように”自らを弾き飛ばして”獲物をとらえる

animals_plants

引き金を引いた状態の「スリングショットスパイダー」/Credit: Lawrence E. Reeves

南米ベルーの熱帯雨林に、「スリングショットスパイダー(Theridiosomatid)」と呼ばれる変わったクモがいます。

一般にクモは「造網性」と「徘徊性」に分けられ、巣を張ってエサがかかるまで待つのが造網性で、自ら歩き回ってエサを獲るのが徘徊性です。

しかし、スリングショットスパイダーは、造網性に分類される一方で、徘徊性顔負けの方法で狩りをします。

なんと彼らは、自らをパチンコ玉のように発射して獲物を捕まえるのです。

その仕組みについて、米・ジョージア工科大学が今回初めて調査を行っています。

弾け飛ぶときの加速度は「チーターの100倍」以上

調査中の研究チーム/Credit: Saad Bhamla, Georgia Tech

スリングショットスパイダーの体長は、驚くことにわずか1ミリしかありません。

それでも、射出スピードの加速度は、毎秒1300メートルに達しており、チーターの100倍以上に匹敵します。

さらに調査の結果、射出時のスリングショットスパイダーには、およそ130Gの負荷がかかっていました。

参考までにいうと、この数値は、戦闘機パイロットが気絶する寸前まで耐えられる限界負荷の10倍以上です。

一体、どのようにしてこれほどの爆速を生み出しているのでしょうか。

クモの巣は「3次元の発射台」

スリングショットスパイダーの巣は、大半のクモが作る平面的な巣とは違い、3次元の円錐形をしており、その山の部分から、一本の張力線がまっすぐ張られています。

イメージとしては、円錐形の巣がパチンコの持ち手で、張力線がヒモの部分、文字で表すと「一く」のような感じです。

それからクモは、後ろ足で張力線をたどっていき、巣をくの字に強く引っ張った状態でスタンバイします。パチンコのヒモを絞って狙いを定めている状態と同じですね。

そして、蚊やハエが近くを通った瞬間、引き金を引いて自らをバビュンと発射し、獲物を捕まえます。

研究チームのサアド・バムラ氏は「この天然のバネは、人間が作ったあらゆる材料のエネルギー密度をはるかに凌ぐ」と絶賛しています。

なぜ張力に耐えられるのか?

ペルーの熱帯雨林を散策中の研究チーム/Credit: Geoff Gallice

一番の謎は、小さなスリングショットスパイダーが、張力線を引いた状態で何時間も待機できるエネルギーをどこに持っているのかということです。

バムラ氏によると、張力線を引っ張るには少なくとも200ダインの力が必要で、わずか1ミリしかないクモには途方もないエネルギーです。(1ダイン=1グラムの物体に作用して、毎秒毎秒1センチメートルの加速度を生じさせる力の大きさ)

体のサイズを考えると、筋肉に頼っているとは思われません。

そこでおそらく、張力線を引っ張った状態でもエネルギーを消費しないですむような「ラッチ(掛け金)構造」を利用していると予想されます。

バムラ氏は「そうでなければ、2〜3時間も引き金を引いた状態で待機し、結果ゲットできたのか小さな蚊くらいでは割に合わないでしょう」と話します。

しかし、この秘密はまだ解明されていません。

チームは現在、新型コロナの影響で調査を中断しており、状況が好転次第、現地に戻って調査を再開するとのことです。

 

研究の詳細は、8月17日付けで「Current Biology」に掲載されています。

Ultrafast launch of slingshot spiders using conical silk webs
https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(20)30928-3

海洋性光合成細菌がクモ糸を作り出せると判明! シルク繊維は海から生産する未来がくるかも

reference: physiflscience / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG