画像
Credit:DESY, Science Communication Lab
space

100光年離れたブラックホールと同期して脈動する奇妙なガス雲

2024.06.26 Wednesday

2020.08.30 Sunday

8月17日付けで科学雑誌『Nature Astronomy』に掲載さた研究によると、天文学の研究チームが宇宙に奇妙なガス雲を発見したそうです。

そのガス雲は、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡の観測から、ガンマ線を反射させて脈動していることが確認されました。しかもそのリズムが隣にある歳差運動しているブラックホールと同期していたとのこと。

奇妙なのは隣といっても、その2つの距離は100光年も離れていて、しかもガス雲はブラックホールのジェット放射の軸からはズレた位置にあることです。

これは既存の理論で考えた場合、両者には何の関連性も無いように見えます。なのに2つの天体は同期して脈動していたのです。

この謎には天文学者たちも頭を抱えています。

desy https://www.desy.de/news/news_search/index_eng.html?openDirectAnchor=1887&two_columns=0 , sciencealert https://www.sciencealert.com/somehow-this-black-hole-is-powering-gamma-ray-pulsations-in-a-distant-gas-cloud

奇妙な天体 マイクロクエーサー「SS 433」

画像
マイクロクエーサーSS 433のアーティストイメージ。/Credit: Artist’s Visualization,NASA

ガス雲と同期したブラックホールは、「SS 433」という地球から約1万5000光年ほど離れた場所にあるマイクロクエーサーの中心核です。

マイクロクエーサーとは、その名の通りミニチュア版クエーサーというべき奇妙な天体で、本来は、はるか遠くの宇宙にあり太陽の何億倍もの質量を持ちます。

しかし「SS 433」は天の川銀河内にあり、クエーサーによく似た特徴を持っているにも関わらず、質量は太陽のたった10~20倍程度しかありません。

それなのに「SS 433」がクエーサーに似ていると言われる理由は、活動銀河核のように多量の物質を巻き込んだ降着円盤を持ちジェット噴射を行っているからです。

ジェット噴射の明確なメカニズムはまだわかっていませんが、「SS 433」のジェット噴射の原因は伴星にあるようです。

「SS 433」は伴星に太陽の30倍の質量を持つ超巨星を連れています。両者は非常に接近した軌道を持っていて13日周期で軌道を回っています。

この伴星の物質を排水口の渦巻きのように吸い上げて、「SS 433」はコンパクトながらジェットを備えた降着円盤を持っているようです。

次ページ「SS 433」の歳差運動とガス雲の脈動

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!