ハエ除け効果を持つシマウマの縞模様。実は「チェック柄」でも効果があると証明される!

animals_plants

Credit: jp.depositphotos
reference: cnn

シマウマの縞模様は何のためにあるのでしょう。

この問いは、長い間、生物学者たちを悩ませてきましたが、現在では「ハエの着陸防止」が定説となっています。

縞模様によってハエが目の錯覚を起こし、着地のコントロールを失うそうですが、一方で、正確な理由は解明されていません。

8月19日付けで「Proceedings of the Royal Society journal」に掲載された研究で、英・ブリストル大学がその原因を突き止めるため、縞模様のパターンを増やして実験しました。

その結果、通常の縞模様の他に「チェック柄」も同様の効果を持つことが判明しています。

同時に、縞模様とチェック柄は錯覚のメカニズムが違うため、ますます謎を深めることとなったようです。

ハエが着地できない最有力の定説「アパーチャ効果」

ハエが着地に失敗する理由としては、「aperture effect(アパーチャ効果)」が最有力です。

アパーチャ効果とは、縞模様によって起こる目の錯覚のひとつで、代表例は、散髪屋の前にある青と赤の回転ポールが、上に向かって動いているように見える錯覚です。

本当はその場で回転しているだけなので、もちろん上向きには動いていません。

Credit: pixabay

しかし、これがハエに「Disorientation effect(失見当識効果)」を引き起こし、着地コントロールを奪った状態にさせるそうです。

ところが今回の実験で、アパーチャ効果が真の原因ではない可能性が浮上しています。

「チェック柄」も効果あり!

研究チームは、着陸失敗の原因がアパーチャ効果にあるかどうかを確かめるため、異なる模様がプリントされた布をウマに着せて調査しました。

用意したのは、「黒色」「灰色」「縞模様(縦縞と横縞)」「チェック柄」の5パターンです。

その結果、黒色と灰色には普通に着地していたものの、縞模様とチェック柄への着地成功率はかなり低くなることが判明しました。

チェック柄も縞模様を同様の効果があった/Credit: royalsocietypublishing

また、縞模様とチェック柄の場合、ハエは黒色や灰色のときほど近づくことができず、見えないバリアに遮られているようでした。

すると、縞模様やチェック柄の服を着るだけでハエ除けになるのかもしれません。

縞模様やチェック柄になるとハエが近寄れない/Credit: royalsocietypublishing

「アパーチャ効果」が原因ではなかった

しかし、これでハエの着地失敗がアパーチャ効果のせいではないことが証明されました。

というのも、アパーチャ効果を縞模様だけに特有の錯覚であり、チェック柄では起こりません。もしアパーチャ効果が原因なら、チェック柄には着地できるはずです。

「とすると、何か他の要因が目に見えないところで働いているのでしょう」と研究チームは指摘します。

それが何かは分かりませんが、現段階では、縞模様やチェック柄に見られる「模様(パターン)のコントラストの強さ」が関係していると見られています。

Credit: cnn

ハエやブヨは、主にアフリカでウマ科の動物に致死的な病気を伝染させています。

中でもシマウマは、縞模様の他に、絶えず尻尾を振ったり、虫が嫌がる臭いを放ったりして、特にハエ除けを徹底しています。それだけシマウマがハエの媒介する病気に苦しんでいるということです。

研究チームは今後、ハエ除けに効果的な模様やそのメカニズムを解明することで、動物保護や家畜産業などに役立てていく予定です。

あわせて読みたい

SHARE

TAG