1枚目の画像
Credit:depositphotos
geoscience

謎に包まれていた、地球最後の氷期の平均気温が明らかに! (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.08.30 Sunday

phys https://phys.org/news/2020-08-cold-ice-age.html,日本地理学会 https://glacier.ees.0g0.jp/

地球最後の氷期の気温

米国アリゾナ大学の地球科学科のJessica Tierney准教授は、海洋プランクトンの化石から収集したデータを海面水温に変換するモデルを開発しました

そして、このデータを気象予報に使用されるデータと同化させ、気象モデルのシミュレーションと組み合わせ当時の気温を予測したのです。

こうした方法から、研究チームは最後の氷期の世界平均気温が約8℃だったという結果を発表しました

20世紀の世界平均気温は14℃なので、氷期はそれより6℃低かったということになります。

これは大した差ではないように感じますが、実際にはとても大きな変化です。

この事実を説明するため、研究チームは地球上の特定の地域の気温がどの程度変化しているかを示す地図を作成しました。

1枚目の画像
温度差を比較した地図。濃い青の地域は現代よりずっと寒かったことを示す。白い場所は過去の氷床を重ねたもの。/Credit:Jessica E. Tierney et al.,nature(2020)

最終氷期では北アメリカやヨーロッパの北部は完全に氷に閉ざされていて、今回の研究拠点となっている米国アリゾナ州もかなり寒かったことがわかります。

しかし、特に極端なのが北極海などの高緯度地域で、そこでは現在よりも14℃も気温が低かったことがわかります

これは地球の極が気候変動の影響を受けやすいという、現代の科学的理解と一致している結果です。

次ページこれからの北極圏の温度はどう変化する?

<

1

2

3

>

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!