イギリスで「キリスト教の聖杯」の断片を発見!表面に天使や十字架のシンボルが描かれていた

history_archeology

Credit: ancient-origins

 

イングランド北部・ノーサンバーランドにある遺跡にて、5〜6世紀のキリスト教の「聖杯(英: Chalice)」の断片が発見されました。

断片は全部で14個見つかっており、無数の文字やシンボルが刻み込まれています。

聖杯の断片は、ローマ帝国時代に建てられた要塞跡から出土しており、イギリス国内で見つかった聖杯としては最古のものです。

研究主任のアンドリュー・バーリー博士は「イギリスでのキリスト教の広まりを理解する上でも貴重な発見」と評しています。

イギリスで見つかった最古の「聖杯」

聖杯が見つかった場所は、スコットランドとの境界線近くにある「ハドリアヌスの長城」の直下、「ヴィンドランダ要塞」の教会跡です。

ハドリアヌスの長城は、122年にローマ皇帝ハドリアヌスの命令により建設が開始されました。

その後、ローマ人は約330年間、同地に滞在しましたが、5世紀初めにその地を去り、集落だけが後に残されています。聖杯が出土した教会は、ちょうどその頃の5〜6世紀に建てられたものです。

ハドリアヌスの長城(赤線)/Credit: theguardian

これまでに同遺跡では、拳闘用のグローブやシューズ、ブーツなどの遺物が見つかっていますが、聖杯が見つかったことはありませんでした。

これはローマ人が去った後も、同地の集落でキリスト教信仰が続いていたことを裏付けています。

キリスト教は313年のミラノ勅令によってローマ帝国の国教となり、そこから各地に広まっていきました。そのため、聖杯の断片は、イギリスにおけるキリスト教信仰の初期の遺物と考えられます。

「ヴィンドランダ要塞」の遺跡/Credit: Jaime Pharr/Alamy

聖杯に記された「シンボル」の意味は?

聖杯には、天使や十字架、クジラ、舟などを含むキリスト教のシンボルがいくつも刻まれており、文字としては、ラテン語ギリシャ語の他に、5〜6世紀頃に盛んに使われたオガム文字も見られました。

シンボルや文字の大半は意味が分かっていませんが、「十字架の帆が張られた舟」は、キリスト教徒を約束の地に連れていく乗り物としての教会を象徴するものと言われています。

聖杯に見られるシンボルや文字/Credit: bbc

バーリー博士は「これらの意味を解明するだけでも、今後数年にわたる大規模な調査が必要」とした上で、「この時代のイギリスは歴史的にあまり知られていないため、5〜6世紀のイングランドを知る重要な手がかりとなる」と話しました。

Credit: The Vindolanda Trust

聖杯の断片は、今週火曜日から、ヴィンドランダ要塞で見つかった遺物を展示する「Vindolanda Trust」で一般公開が始まっています。

あわせて読みたい

SHARE

TAG