1枚目の画像
未来の電池はダイヤかもしれない。核ダイヤ電池をはじめて考案したのはイギリスのブリストル大学の研究者だった/Credit:University of Bristol . youtube
technology

核廃棄物をリサイクルした「核ダイヤモンド電池」は3万年も駆動すると発表される (4/4)

2021.01.28 Thursday

2020.09.01 Tuesday

 newatlas https://newatlas.com/energy/nano-diamond-self-charging-batteries-ndb/?itm_source=newatlas&itm_medium=article-body

核ダイヤモンド電池の問題点

1枚目の画像
何百年ももつ電池はひょっとしたら人類文明よりも長持ちするかもしれない/Credit:depositphotos

今回の発表により、核ダイヤモンドの有用性だけでなく安全性も確保されました。

外側を覆うダイヤモンドの外殻は鋼の11.5倍の硬度をもち、不正な分解や操作を防止する安全シールドにもなるからです。

もし一般に普及すれば、90年間充電不要な電気自動車や9年間充電要らずの携帯電話が実現するでしょう。

ただ放射線崩壊を利用して電子を半永久的に放出し続ける仕組みは、充電を必要としない電池というよりも、むしろ小型の核発電機と言えるかもしれません。

またダイヤは硬度こそ硬いものの熱に弱く(燃えて炭になる)、火災などによって外側ダイヤの防護が破られた場合、熱風にあおられて内部の放射性物質が周辺の大気に拡散するといった危険も抱えています。

人工衛星の動力などに使う分には問題はなさそうですが、一般へ普及するにはさらなる安全策が必要ですね。

<

1

2

3

4

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!