生き別れた「三つ子の兄弟」、感動の再会に隠された残酷な真実とは

再開した三つ子、左からボビー、デイビッド、エディー/Credit: Newsday LLC

 

「この世には自分とそっくりな人物は地球の3人はいる」とよく言いますが、実際に遭遇した人はどれだけいるでしょう。

そんなシチュエーションは映画や小説の中だけだ、と考える人が大半のはずです。

しかし世の中には、自分と瓜二つの人物と「2人」も出くわした人が存在するのです。

嘘のようですが、ボビー・シャフランという男性に起きた話を聞けば、きっと「事実は小説よりも奇なり」と言いたくなるでしょう。

19年後の再会

1961年7月12日に産声を上げたボビー・シャフランは、裕福な家庭ですくすくと育ち、ニューヨークにあるサリバン・コミュニティ・カレッジに入学しました。

しかし、登校の初日に人生を変える出来事が起こります。

ボビーは、まったく見ず知らずの学生たちに慣れ親しんだ様子で声をかけられました。そして、誰もが口をそろえて「やあ、エディ!」と呼びかけたのです。

Credit: unbelievable-facts

エディーとは一体誰なのか? そして、なぜ自分はエディと呼ばれるのか?

奇妙な出来事に圧倒されたボビーは、学友のマイケル・ドムニッツから驚きの真実を聞かされました。マイケルは、エディという人物と友だちで、ボビーの見た目がエディと瓜二つだと告げたのです。

唖然としたボビーは、マイケルを通じて、エディと会えることになりました。

19年ぶりに再会したボビー(左)とエディー(右)/Credit: unbelievable-facts

2人は会った瞬間、衝撃のあまり数分間、黙ったままお互いを見つめ合ったそう。

エディの名前は、エディ・ガーランドと言い、ボビーと生年月日がまったく同じでした。

なんと2人は、出生時に生き別れた一卵性の双子だったのです。

しかし、話はこれで終わりませんでした。感動の再会の物語を完結させるもう一人の存在がいたのです。

ボビーとエディの再会、中央がマイケル/Credit: unbelievable-facts

次ページ3人目の兄弟

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE