バッテリー不要の「紙で作られたキーボード」が登場!折り畳めて持ち運びにも便利

electronics

Credit:Ramses Martinezab
reference: sciencealert

箱形のデスクトップパソコンとブラウン管のディスプレイからノートパソコンやタブレット機器が生まれたように、科学の進歩は電子機器を「軽く、薄く、便利に」してきました。

そして最近、その方向を極めた新たなデバイスが誕生しました。

アメリカ、パデュー大学生産工学部エンジニアのラムセス・マルチネス氏ら研究チームが8月23日『Nano Energy』誌に、紙1枚で作られたワイヤレスキーボードを発表したのです。

この新しいデバイスは、文字通り紙1枚分の重さと薄さしかなくバッテリーさえ必要としません。

撥水コーティングと回路層の印刷によって紙キーボードを作る

Credit:Ramses Martinezab

研究チームが作成したのは、映像にあるような紙に印刷されたキーボードです。

通常のキーボードと同じように印字された数字や文字を押すことで、対応した情報をに送信・表示することができます。

この紙キーボードは「フッ素化された分子による紙のコーティング」と「回路層の印刷」によって作成されました。

最初にキーボードの数字や文字が印刷された通常の紙を用意し、ここに研究チームが新しく開発した特殊なコーティング加工を施します。

マルチネス氏によると「紙を高度にフッ素化された分子でコーティングすることで、水や油、ほこりに対する撥水性を持たせる方法を開発した」とのこと。

これだけでは単なる印字済みの耐水ペーパーなのですが、実はこのコーティングが紙キーボードを作成するのに必要な回路層の印刷を可能にしたのです。

次の段階として、紙全体にキーボードとして機能させるための回路を印刷して組み込みます。

この点に関してマルチネス氏は、「コーティングにより、インクをある層から次の層に染み込ませることなく、紙に何層もの回路を印刷できた」と述べています。

ワイヤレス紙キーボードは不用で折り畳める

Credit:Ramses Martinezab

作成された紙キーボードはワイヤレスであり、が必要ありません。

なぜなら印刷された回路層は「摩擦帯電効果(摩擦によって電気が発生する仕組み)」を持っており、キーを押した時に生じる静電気で必要なエネルギーすべてを賄えるのです。

研究チームによると、この摩擦帯電エネルギーを使用することでBluetoothによるワイヤレス通信も成立させているとのこと。

さらに紙キーボードは全体が撥水加工されているため耐水性があります。水に濡れても表面の水滴を拭き取るだけで使用し続けられるでしょう。

また柔軟性もあり、折り畳んでも問題ありません。ポケットに折り畳んで入れておけるコンパクトなデバイスとしても利用できるのです。

ボリュームコントローラーにもなる!幅広い応用が期待

この新しい技術の利点は、その幅広い応用性にあります。

例えば研究チームは同様の方法で、キーボードの他にメディアプレイヤーの紙ボリュームコントローラーを作成しています。

映像にあるように、印字されたキーをなぞったり押したりするだけで簡単にボリューム操作ができていますね。

また、研究チームによるとこれらの紙デバイスは製造コストが低く、1つあたり0.25ドル(約26円)未満で作成できます。

さらに使用された紙は環境に優しくリサイクル可能であり、ダンボールや他の紙素材にも適用できるのです。

これはつまり、新技術が様々な分野で役立つ「使い捨てデバイス」の可能性を秘めていることになるでしょう。

この点、マルチネス氏は現段階でパッケージへの利用に注目しています。彼によると、「食品包装をタップすることで食品情報を表示」させたり、「自宅に届いた荷物をタッチしてサイン」したりなど、生活をより便利にできるとのこと。

他にも様々な応用が考えられます。電子機器の普及によりペーパーレスの時代が到来していますが、今度はデバイスとしてのペーパー利用が増加するかもしれませんね。

あわせて読みたい

SHARE

TAG