2500年前の「古代エジプトの棺」を新たに13基発掘!墓荒らしにあわず”完全密封された”状態で発見

見つかった棺/Credit: Ministry of Tourism and Antiquities

世界に数多ある遺跡において、エジプトほど大量の遺物が眠っている場所はそうありません。

現在でも世界中の考古学者たちが、まだ見ぬお宝を掘り当てるために調査を続けています。

そして今回、エジプト北部の地・サッカラで、約2500年前に遡る棺が新たに13基発見されました。

棺はまったくの未開封状態で、墓荒らしにも遭っておらず、保存状態がきわめて良いとのことです。

見つかった「13基の棺」は、ほんの序の口?

サッカラは、今日の首都カイロの南30キロの地点に位置し、およそ3000年間、かつての首都メンフィスネクロポリス(共同墓地)として機能しました。

地上には、ピラミッドや寺院、神々に捧げられた石碑などが点在していますが、地中深くにはまだ多くの遺物が眠っていると言われます。

サッカラ、地上のピラミッド/Credit: ja.wikipedia

エジプト観光・考古省によると、今回見つかった棺は、地下11メートルにある埋葬スペースにまとめて安置され、互いに積み重ねられていたといいます。

調査の結果、棺に開封された痕跡がなく、最初に埋葬されてから2500年の間、同じ場所に手付かずで保管されていたようです。

そのため、保存状態が良く、棺表面に塗装された色まで確認できました。

Credit: Ministry of Tourism and Antiquities

この棺は「サルコファガス」というもので、遺体あるいは一回り小さな棺を納めるための石棺(今回見つかったのは木製)を指します。

名前の由来は、ギリシャ語の「サルクス(sarx、肉体)」「ファゲイン(phagein、食べる)」を足したもので、要するに中に人の遺体を入れるという意味から「肉体を食べるもの」となりました。

また、埋葬スペースには他に密閉された窪みが3つ確認されており、中に未発見の棺が隠されている可能性が非常に高いようです。

次ページ遺体や副葬品も一切盗まれていない

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG