1枚目の画像

animals plants

猫の「そっけない」視線が自閉症の子供にとっては大親友の条件だった (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.09.13 Sunday

Frontiers in Psychology https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2020.02047/full

猫は社会性を求めない

1枚目の画像
猫は社会性で飼い主を好きになるのではない/Credit:depositphotos

今回の結果について、研究者たちはと猫の視線の質の差に原因があるとしています。

社会的動物である犬は、人間の目を凝視して、積極的なアイコンタクトを試みてきます。

しかし自閉症の子供にとって、この犬の視線は威圧的にとらえられる可能性があるのです。

一方で、猫は違います。

単独で暮らす傾向がある猫が人間に求めるのは社会的な関係ではなく、親子の情に近いものであり、人間に対する視線も一般的にはアイコンタクト未満の、ごく短いものになります。

研究者たちは、この短く社会性を求めない視線が自閉症の子供にとって好ましく、結果として犬よりも猫との間に強い絆を作ることになったと結論付けました。

次ページ社会性をスキップして絆を結ぶ

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!