高齢のヘビが”15年間オスと会っていない”のに卵を産む前代未聞の珍事が起きる

animals_plants

卵を産んだ推定65歳のメス蛇/Credit: SAINT LOUIS ZOO
reference: iflscience, bbc

今年7月、米・ミズーリ州にあるセントルイス動物園で奇妙な出来事が起こりました。

メスの「ボールニシキヘビ(英: ball python)」が、オスと15年も会っていないにもかかわらず、7個の卵を産んだのです。

しかも、このメスは推定65歳。

これほどの高齢かつ相手もいない状態での出産は、前代未聞とのことです。

ヘビ界では最高齢での出産

産卵をしたメスのヘビは、1961年にセントルイス動物園にやってきました。

アメリカ中西部の草原を原産とするボールニシキヘビは、飼育下で30年生きれば長生きと言われます。しかし、この個体は推定で65歳に達しており、これほどの高齢で産卵すること自体、きわめて異例です。

当動物園の爬虫類学者であるマーク・ワナー氏は「私たちが知っている中では、間違いなく最高齢のヘビ」と話します。

産まれた卵/Credit: SAINT LOUIS ZOO

もっと奇妙なのはオスと十数年も会っていないことです。メスのヘビが飼育されているケージには、もちろん秘密の恋人などいません。

なぜこのような不思議な出来事が起こったのでしょうか。

産卵の2つの可能性

高齢のヘビが出産した理由として、飼育員たちは2つの可能性を提示します。

1つ目は、ボールニシキヘビを含むいくつかの爬虫類は、時間差で受精するために精子を体内に保存しておけるということです。これは、メスの個体がより都合の良いタイミングで妊娠するための生存戦略と言われます。

検査中の卵/Credit: SAINT LOUIS ZOO

2つ目は、「単為生殖」です。

単為生殖(英: parthenogenesis)とは、キリスト教の「処女懐胎(英: virgin birth)」に由来するように、妊娠にオスを必要としない生殖の形で、昆虫や植物には比較的よく見られます。

また過去には、トカゲやヘビ、エイ、サメ、鳥類でも、ごく少数ですが確認されているそうです。

真相は子どものDNAで分かる

今回のケースが、どちらのシナリオに当てはまるかは不明ですが、その答えは、孵化後のDNA検査で判明します。

ワナー氏は「もしオスを必要としない単為生殖で産まれていたら、その痕跡は子どもの遺伝子にはっきり現れる」と話します。

Credit: SAINT LOUIS ZOO

ただ、単為生殖は、世代間の遺伝的変異が少なく、多様性を欠くため、種の生存を考えると有性生殖ほど好ましいものではありません。

7個の卵は現在、3つが孵卵器にあり、2つがDNA検査中で、あとの2つはすでに死亡したことが確認されています。

果たして彼らは、遅延受精と単為生殖のどちらで命を授かったのでしょうか。

あわせて読みたい

SHARE

TAG