“眠ったまま化石になった”1億2500万年前の新種恐竜を発見!保存状態が完璧すぎる

完全な保存状態で見つかった新種の恐竜/Credit: Carine Ciselet; Yang Y. et al. PeerJ
reference: livescience

中国北東部・遼寧(りゅうねい)省で、ほぼ完全な状態を保った2匹の恐竜の化石が地元農民により発見されました。

9月8日付けで『PeerJ』に掲載された研究によると、2匹はともに新種と判明しており、約1億2500万年前の白亜紀に生息した恐竜とのことです。

驚くべきは、その保存状態の良さであり、研究チームは「眠っている最中に火山の噴火が起き、そのまま土石流に飲み込まれ即死した」と見解を述べています。

新種の名前は「永遠の眠り」

新種の化石は、現在、遼寧古生物博物館に保管されており、中国、ベルギー、アルゼンチンの共同チームによる調査が行われました。

体長は1.1メートルほどで、イグアノドンやパラサウロロフスといった「鳥脚類」の初期種に分類されます。2本足で歩く草食恐竜で、アヒルのようなくちばしも大きな特徴です。

強靭な後ろ足と長く硬い尾から、かなりの俊足だったと見られます。

Credit: Carine Ciselet; Yang Y. et al. PeerJ

新種恐竜は、中国語で「遼寧の永遠の眠り」を意味する「チャングミアニア・リャオニンゲンシス(英: Changmiania liaoningensis)」と命名されました。

次ページ睡眠中に火山が噴火?

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG