絶滅危惧にある「モウコノウマ」、”冷凍保存されたDNA”で世界初のクローン誕生に成功!

クローンで生まれたモウコノウマ「カート」/Credit: ViaGen Pets & Equine/Instagram

米・カリフォルニア州のサンディエゴ動物園は、先月6日、最後の野生馬とされるモウコノウマのクローン誕生に成功したと発表しました。

モウコノウマは、絶滅危惧種に指定されており、すでに飼育下で繁殖した個体しか現存していません。

誕生したのはオスの子馬で、世界最初のモウコノウマのクローンとなっています。

数が増えても絶滅リスクが減らない理由とは?

モウコノウマは、もともと中央アジアの草原地帯に生息していましたが、気候の変化や土地開発、密猟などにより減少しました。

野生種は、第2次世界大戦後に急速に減っていき、1969年を境に野生では目撃されていません。

モウコノウマ/Credit: wikipedia

野生下のモウコノウマはすでに絶滅宣言されており、現存するのは飼育下で繁殖した約2000頭の個体です。飼育種の数は安定して増やせますが、絶滅リスクの高さは変わりません。

飼育種は、1899〜1902年の間に捕獲された11頭と1947年に捕獲された1頭の計12頭を祖先に持ちます。つまり、現存する2000頭は、わずか12頭の祖先に収束されるため、遺伝的多様性がきわめて乏しいのです。

そうすると、環境の変化やストレス因子に弱く、免疫力も低下してしまいます。伝染病などが発生すれば全滅しかねません。

そのためにも、遺伝的な多様性を増大させる存在が必要となります。

クローンが「種の存続」の救世主となるか

クローン作成に用いられたDNAは、1975年にイギリスで生まれて、1978年にアメリカにやってきた「クポロヴィッチ」というモウコノウマのものです。

クポロヴィッチは、両親が野生種であり、遺伝的多様性に富むため、1980年にDNAを採取し冷凍保存されていました。

サンディエゴ動物園は、野生動物保護団体の「Revive&Restore」、ペットクローニングを専門とする「ViaGen Pets & Equine」と協力し、クポロヴィッチのDNAを使って、クローン胚を作りました。

このクローン胚は家畜馬の代理母に移植し、通常の妊娠プロセスを経て、無事クローンのモウコノウマの出産に成功しています。

カートと代理母/Credit: Scott Stine/Revive & Restore

誕生したクローンは、クポロヴィッチDNAの冷凍保存に携わったカート・ベニーシュケ氏にちなみ、「カート」と命名されました。

研究チームは「クローンが他の個体との繁殖に成功すれば、飼育種に貴重な遺伝的多様性をもたらしてくれるでしょう」と話しています。

カートは、繁殖年齢に達したら、サンディエゴ動物園のサファリパークに移されるとのことです。

果たして、カートは、絶滅の危機に瀕する仲間を救うことができるのでしょうか。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG