3300年前の巨鳥「モア」の”皮膚まで保存された足”がリアルすぎる。クローン化も可能?

paleontology

巨鳥モアの足先
巨鳥モアの足/Credit: Wikimedia Commons
reference: boredpanda

今から30年ほど前、ニュージーランドにあるオーウェン山の洞窟を探検していた考古学者たちが、目を疑う驚きの発見をしました。

彼らが見つけたのは、恐竜のような鋭い爪を持った何者かの巨大な足先で、まだ筋肉や皮膚組織が完全に残されていたのです。

調査の結果、この足は約3300年前に生きていた巨鳥モアのものと判明しています。

モアはすでに地球上から姿を消していますが、一体どんな生物で、なぜ絶滅したのでしょうか。

史上最も背の高い鳥類「モア」

モアはニュージーランドを原産とするダチョウ目モア科の鳥類で、最初に出現したのは約850万年前です。

少なくとも10種以上が存在し、一番大きなジャイアント・モアは、高さ約3.6メートル、体重約230キログラムに達します。

最小の種で、現代の七面鳥ほどだったようです。

巨鳥モアのサイズ感
モアの体格比較/Credit: Wikimedia Commons

見た目はダチョウに似ており、強靭な脚力が発達していましたが、空を飛ぶことは出来ませんでした。

また当時のニュージーランドは、天敵となる生物がおらず、モアは悠々自適に暮らしていたようです。

ところが、ある生物がニュージーランドにやってきたことで彼らの運命は狂い始めます。

巨鳥モアの足跡
モアの足跡の化石/Credit: Wikimedia Commons

モアが絶滅した理由とは?

9〜10世紀頃、モアが暮らしていたニュージーランドにマオリ族が上陸しました。

モアの絶滅原因については長い間、専門家たちによる議論が続けられましたが、今ではマオリ族の乱獲が最有力となっています。

進化生物学者のトレバー・ワーシー教授は、次のように説明します。

DNAを調べたところ、絶滅時期のモアは、種の存亡の危機には瀕しておらず、遺伝子的にもまったく衰えていませんでした。むしろ、頑強で健康な集団を形成していたのですが、人類と遭遇したことでモアは終わりを迎えたのです」

マオリ族によるモアの狩猟
マオリ族によるモアの狩猟/Credit: Wikimedia Commons

狩猟採集民であったマオリ族は、砂袋に小石をためるモアの習性を利用し、焼け石を呑ませることで捕獲していたそう。これだけ巨大なので、むやみには近づけなかったのでしょう。

また、森林の開拓により生息地が減ったことも絶滅の一因となりました。

結果、モアの数は急速に減少し、およそ700〜800年前にはニュージーランドから姿を消しています。

マオリ族による巨鳥モアの狩猟
マオリ族による巨鳥モアの狩猟/Credit: Wikimedia Commons

一方で、これだけ保存状態の良い足が見つかったなら、DNAを採取し、クローンを生み出すこともできるのではと思われています。

しかし、クローン化に成功しても、繁殖相手や遺伝的多様性に欠くため、すぐに絶滅してしまうでしょう。

ジャイアント・モアのクローン化による復活には、まだサンプルや環境の準備が不十分なようです。

あわせて読みたい

SHARE

TAG