世界初、氷河期に絶滅したホラアナグマの「全身ミイラ」を発見(シベリア)

paleontology

絶滅した「ホラアナグマ」のミイラを発見/Credit: North-Eastern Federal University

シベリアの上部、北極海に浮かぶノヴォシビルスク諸島で、過去に前例のない発見が報告されました。

最終氷期の約2万〜1万5000年前に絶滅したホラアナグマ(学名: Ursus spelaeus)の完全なミイラが出土したのです。

歯や鼻、軟組織、内臓まで手付かずのまま残されており、絶滅種を知るための貴重な標本となります。

ロシア・北東連邦大学(略称: NEFU)のレナ・グリゴリエヴァ氏によると、「軟組織が丸ごと保存されたホラアナグマの遺骸は、これが唯一かつ世界で初めて」とのことです。

世界初の「ホラアナグマ」の完全な標本

ホラアナグマのが見つかったのは、ノヴォシビルスク諸島の南部を構成する「リャーホフスキー諸島」の永久凍土です。

トナカイの牧畜民が、溶け出した凍土から露出している遺骸に気づき、NEFUに連絡しました。

詳しい分析はまだですが、ホラアナグマの死亡時期は、およそ3万9500〜2万2000年前の間と推定されています。

軟組織まで完全に保存されている/Credit: North-Eastern Federal University

ホラアナグマは、少なくとも30万年前に出現し、ユーラシア大陸が氷河に覆われている間、他の大型とともに地上を歩き回っていました。

かなりの巨体で、オスの体重は1トンにおよび、現生するクマの最大個体より200〜500キロ以上重かったとのことです。

ホラアナグマは、これまで骨しか見つかっておらず、そこから体格を予想するしかありませんでした。

しかし、完全な標本が見つかったことで、より詳しい生態が調べられるでしょう。

が次々と見つかり始めている?

現在、シベリアでした生物の遺骸が見つかることは珍しくありません。の影響で永久凍土が溶けて、中に保存されていた動物たちが次々と出土しているのです。

最近では、ロシア北東部のサハ共和国でも、幼体のホッキョクグマのが発見されました。研究チームは、この子グマのも合わせて、ホラアナグマのを比較分析したいと考えています。

子グマの凍土/Credit: North-Eastern Federal University in Yakutsk

他にも、シベリアの凍土からは、数万年前に死んだマンモスやオオカミ、ライオン、子馬のが発見されており、気温が上昇し続ければ、より多くの遺骸が出土するでしょう。

約4万年前のオオカミの頭部/Credit:Reuters

またシベリアだけでなく、以前記事にしたようにイタリアのアルプス山脈の永久凍土からもヤギのミイラが発見されたばかりです。

生物学者にとっては吉報ですが、地球環境を考えると必ずしも喜ばしいことではないのかもしれません。

あわせて読みたい

SHARE

TAG