1枚目の画像
Credit: Wallenius Marine
traffic

2021.01.27 Wednesday

2020.09.21 Monday

最新の輸送船は「帆船」!? 現代に蘇った風力利用の新しい船舶デザイン (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

終末世界:人類は最低何人いれば近親交配を避けて繁殖できるのか?

前ページ海運業界に求められる環境に優しい輸送船

<

1

2

3

>

現代に蘇った帆船

1枚目の画像
Credit: Wallenius Marine

そこで海運会社「Wallenius Marine」がデザインしたのが、現代の帆というべき風力船「Oceanbird」です。

もちろん現代の帆船は、布の帆を張って海を航行するわけではありません。

それは金属複合材で作られた、高さ80メートルもある飛行機の翼のような5枚の帆です。

この帆は高さの調節が可能で、最小で20メートルまで短くなり、嵐の中や運河の橋の下でも安全に航行できます。

最新のコンセプトでは、北大西洋を最大7000台の車を積んで平均10ノットの速度で横断できるとのこと。

10ノットという速度は、現在運行されている輸送船としては遅い部類です。通常8日で行う航海に12日を要してしまう計算になりますが、排出量は90%削減できるといいます。

通常のエンジンも搭載されますが、それは港湾内外の移動や緊急時に限った運用になるようです。

完成すれば船の全長は200m、幅40mになり、世界最大の帆船となります。

次ページ2025年に運行開始の予定

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

交通のニュースtraffic news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!