FutureFeedを食べる牛
FutureFeedを食べる牛 / Credit:CSIRO
biology

温暖化を加速させる「牛のげっぷ」は“海藻飼料”で80%削減できる

2021.01.27 Wednesday

2020.09.25 Friday

thecattlesite https://www.thecattlesite.com/news/55890/new-company-to-reduce-cows-methane-using-feed-additive-made-from-the-seaweed/

長年、地球上の15億頭の牛が排出するメタンガス(げっぷ・おなら)が、地球を温暖化させると問題視されてきました。

この問題に取り組むべく、オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO)は、新会社「FutureFeed Pty Ltd」の設立を正式に発表。

FutureFeed Pty Ltdが市場に投入する「海藻から作られた飼料添加物」は牛のメタン排出を80%以上削減できるため、温室効果ガス対策として高い効果が期待できます。

温室効果ガス総排出量の20%以上は家畜のげっぷやおなら

FutureFeed
FutureFeed / Credit:CSIRO

世界中の人が牛や羊などの家畜から恩恵を受けており、そのうち約13億人は家畜によって生計を立てています。

家畜の需要は大きいものの、これらが環境に与える影響も無視できません。なぜなら牛などのげっぷやおならによるメタンガスは二酸化炭素よりも28倍強力な温室効果ガスだからです。

実際、世界の温室効果ガスの総排出量の20%以上は畜産が原因となっています。

CSIROの科学者たちは家畜のメタン排出量削減に着目しており、5年前からオーストラリアの海藻から作られた「FutureFeed」と呼ばれる飼料添加物を開発してきました。

そして8月21日、FutureFeedを世界市場に投入すべく、新会社「FutureFeed Pty Ltd」を設立すると発表しました。

次ページ海藻飼料添加物が牛のメタンガスを80%以上削減

<

1

2

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!